2005年06月05日

ドイツ映画祭2005

『ゾフィー・ショル―最期の日々(仮)』。観に行ってきましたので簡単なレポを。

6/4(土)17:30からの開会式ではマルク・ローテムンド監督らが紹介され舞台上に。この開会式のせいなのか、あるいはベルリナーレでの受賞が話題になったせいなのか、『ゾフィー・ショル』は満席でした。

映画は、一応ビラ製作及び郵送準備のシーンもありましたが、それは背景説明程度で、本編はやはり18日のビラ撒きと逮捕から。この映画祭での上映を観に行かれた方々のほとんどはおそらく、ゾフィーと白バラをご存じで特に説明など必要なかったと思いますが、来年の公開時にはどうなんだろうとよけいな心配をしてしまいました。それほど、私にはあっという間に尋問が始まったという印象でした。

ビラ製作、そしてビラ撒きのシーンでは(同じ場面を扱っているので当たり前ですが)『白バラは死なず』を思い出しました。しかしこの映画は、「白バラ」でも「ショル兄妹」でもない、本当に「ゾフィー・ショル」の映画なのだなぁと。ヴィリー、アレックスの登場は冒頭だけ、ハンスすらほとんど消えているのですから。

上映後に拍手が起きたのは開会作品だからなのでしょうね。その後、再度監督が舞台にあがられてお話をされていました。映画に出てきたギロチンは、ウィーンのゲシュタポ本部にあった本物だとか。その他、撮影は去年の夏だったが準備には2年(?)かけた等、たくさんのお話がありました。通訳される前に反応があったところを見ると、ドイツ語のわかる方がかなり多かったようです。

ロビーにはキネティックさんからアンケート用紙が用意されていました。質問内容は、白バラを知っていましたか?的なものなど。来年春頃公開予定とお聞きしました。


posted by くみ at 08:56| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。