2005年06月11日

ドイツ映画祭2005 へ行ってきました

050604a.jpg

【ドイツ映画祭2005 パンフレット】

先日書いた分は『ゾフィー・ショル―最期の日々(仮)』についてのみ、カテゴリも「SOPHIE SCHOLL」でしたので、こちらでは映画祭の感想などを。

私が観た作品は、

 6/ 4『青い棘』『ゾフィー・ショル―最期の日々(仮)』
 6/ 9『9日目』
 6/10『何でもツッカー!』『夏の突風』『タトゥー』

の計6作品です。6/10は急に休暇がとれることになりまして。すべて現代ドイツが舞台の作品でしたが、せっかくなので観に行ってきました。今週末は予定が入っていて土・日とも観に行けないので、私にとっては6/10が映画祭最終日でした。

舞い上がっていたせいか、初日のことはあまり詳しくは思い出せません。パンフレットを買ったり、ロビーにあったチラシを鬼のように掻き集めたり、上映の合間は忙しく動いてました。「白バラ展」のチラシも置いてあったんですよ。

写真など


posted by くみ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。