2005年12月31日

ドイツ・オーストリア映画名作選 東京・京橋

日本におけるドイツ 2005/2006
NFC所蔵外国映画選集 ドイツ・オーストリア映画名作選

期間:  2006年1月17日(火)〜3月26日(日)
会場:  東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール

1920年代から1930年代に生み出されたドイツ・オーストリア映画の名作・傑作群を上映。詳しくは上映スケジュールページにて。

当サイトとしては「独自の映像美とプロパガンダが融合したベルリン・オリンピックの記録映画『民族の祭典』FEST DER VOLKER-OLYMPIA FILM TEIL I、『美の祭典』FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA FILM TEIL II (レニ・リーフェンシュタールLeni Riefenstahl監督、共に1938年)」が注目作品ということになりますでしょうか。上映は2/10(金)、3/12(日)です。是非観たいのですが日曜は混みそうなので会社休んで2/10に行くべきか・・・(考えすぎ?)。解説を読んでいると他の作品も全部見たくなってしまいますね。
posted by くみ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

パウラ・モーダーゾーン=ベッカー展 神奈川県・葉山

儚くも美しき祝祭 パウラ・モーダーゾーン=ベッカー
 ―時代に先駆けた女性画家―


期間:  2006年1月7日(土)〜3月26日(日)
会場:  神奈川県立近代美術館 葉山館
開館時間:9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
     ※月曜、祝日の翌日休館 ただし1月9日は開館

巡回: 2006年4月2日(日)〜 5月28日(日) 栃木県立美術館

関連イベント: 講演会

日時: 2月12日(日) 14:00〜16:00 講堂/無料 要申込、先着70名
テーマ:「内省する子どもと20世紀絵画 - パウラ・モーダーゾーン=ベッカーを中心に」
講師: 後藤文子(宮城県美術館学芸員)

日時: 3月19日(日) 14:00〜16:00 講堂/無料 要申込、先着70名
テーマ:「画家パウラと彫刻家クララ - 情熱と諦念のはざま」
講師: 佐藤洋子(早稲田大学大学院教授)
posted by くみ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

「白バラ」展−奈良女子大学

「白バラ」展示 ヒトラーに抗した学生たち

期間: 2006年1月24日(火)〜1月26日(木)
場所: 奈良女子大学 大学会館2階 大集会室

連絡先: 奈良女子大学文学部

奈良女子大学|ニュース&お知らせページに白バラ−ヒトラーに抗した学生たち−1942/1943(パネル展示)についてのページがあります。
posted by くみ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「白バラ」展−京都ドイツ文化センター

「白バラ」展示 ヒトラーに抗した学生たち

期間: 2006年1月10日(火)〜1月21日(土)
時間: (火)〜(金)14:00〜19:00、(土)(月)12:00〜17:00(21日は16時まで)
場所: 京都ドイツ文化センター 地図


京都ドイツ文化センターのサイトのイベントスケジュール in Kyoto 2006年1月に「パネル展」白バラの詳細が載っています。
posted by くみ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

白バラ映画祭

『白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々』公開記念
ゲーテ・インスティトゥート東京の催し物カレンダーに詳細が載っていましたので、先日の記事に追加しておきました。

今回上映される『最後の5日間』(パーシー・アドロン監督)ですが、この作品は『白バラは死なず』に余談として書いたあの「もうひとつの白バラの映画」のようです。ゲーテのページに原題『Fünf letzte tage』、主演レナ・シュトルツェ、と出ているので間違いないと思います。

また、こちらによると「書籍『白バラの祈り - ゾフィー・ショル、最期の日々』【シナリオ】 未来社より1月下旬発売決定」だそうです。未來社さんのサイトに詳細が載りましたらあらためて「カテゴリ:本」にて記事UP致します。
posted by くみ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

BS世界のドキュメンタリー

2006/1/18(水)21:10〜22:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 前編 ナチスとの出会い
 
2006/1/19(木)21:10〜22:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 後編 第2次大戦 そして敗北

BSオンラインより。
徹底したメディア支配でドイツ国民を「総力戦」に導いたナチス・ドイツの宣伝大臣ゲッベルス。戦後60年を機にドイツを代表する雑誌社シュピーゲルが制作したこの番組は、ゲッベルスが残した膨大な日記と映像をもとに、「世論操作の天才」の足跡を批判的に検証するドキュメンタリーである。前編は、失業への不満からナチスに入党したゲッベルスがその演説の才能を買われ宣伝大臣に就任するまで。後編は第2次世界大戦の勃発以降ゲッベルスがどのような手法を使って国民を全面戦争に駆り立てたのかをたどる。

Goebbel’s Experiment(原題)
制作:ドイツ/2005年


2006/1/20(金)21:10〜22:00 NHK-BS 1
「証言・ヒトラー最後の11日間」

BSオンラインより。
1945年4月30日ナチス・ドイツの指導者ヒトラーはソビエト軍に包囲された首都ベルリンで自殺した。これは元秘書や元副官など4人の目撃者の証言をもとに地下壕に潜んでいたヒトラーの人生最後の11日間に迫ったドキュメンタリーである。敗北を悟った瞬間や遺書の執筆の様子など極限状況の人間ドラマが、ソビエト軍によって撮影されたベルリン市街戦の映像とともに生々しく描かれる。

Death in the Bunker(原題)
制作:ドイツ/2005年


1月18日〜20日。年末年始をはさむので早めにUPしました。先日再放送された「アウシュビッツ」はBBC制作でしたが、こちらはドイツの番組のようです。
posted by くみ at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

白バラ映画祭&ゾフィー・ショルと白バラ展

こちらで見つけた情報なのですが。『白バラの祈り』公式サイト及び配給会社キネティックさんのサイトにはいまのところUPされていませんが、ゲーテ・インスティトゥート東京のサイトにはお知らせが出ていました。

『白バラ映画祭』
日時:  2006年1月25日(水)〜1月27日(金)
場所:  東京ドイツ文化センター
上映作品:『白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々』(マルク・ローテムント監督)
     『白バラは死なず』(ミヒャエル・ヘルホーファン監督)
     『最後の5日間』(パーシー・アドロン監督)

1月25日(水)16:00〜『白バラは死なず』、19:00〜『最後の5日間』
1月26日(木)16:00〜『最後の5日間』、19:00〜『白バラは死なず』
1月27日(金)16:00〜『白バラの祈り』、19:00〜 シンポジウム


『ゾフィー・ショルと白バラ展』
日時:  2006年2月3日(金)〜2月8日(水)
場所:  有楽町朝日ギャラリー(有楽町マリオン11F)


映画は、日本語字幕で観られるということでよろしいのでしょうか。ドイツ語のお勉強用に字幕なしで観ましょうとかじゃないですよね?(弱気)『白バラは死なず』、字幕付で観たいのです。
そしてシンポジウムの予定ゲスト・・・!


2006/01/10追記:
ドイツ年公式サイトにもUPされていました。
posted by くみ at 20:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

『白バラの声』復刊

ハンス・ショル、ソフィー・ショル著 インゲ・イェンス編 山下公子訳
『白バラの声―ショル兄妹の手紙』が復刊だそうです。
新曜社:http://www.shin-yo-sha.co.jp/

映画の日本公開がきっかけのようですね。
posted by くみ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

再放送など

2005/12/14(水)8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ドイツ バウハウスからすべてはじまった」
デザイン評論家 柏木博

2005/12/18(日)17:20〜17:40 NHK-BS1
地球街角アングル「ベルリンのユダヤ人〜ドイツ」

2005/12/19(月) 8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ベルリン 自由という名の哀しみ」
俳優 三國連太郎

2005/12/21(水) 8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ドイツ 生と死をみつめる故国」
哲学者 アルフォンス・デーケン

2005/12/19(月)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/20 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(1)「大量虐殺への道」

2005/12/20(火)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/21 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(2)「死の工場」

2005/12/21(水)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/22 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(3)「収容所の番人たち」

2005/12/22(木)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/23 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(4)「加速する殺戮」

2005/12/23(金)24:10〜24:55 NHK総合
(正確には12/24 0:10〜 0:55)
アウシュビッツ(5)「解放と復讐」


「わが心の旅」は本放送を見ていないので番組内容がこのサイトにあっているかどうかわかりません。ご参考までに。
posted by くみ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

鳴門市ドイツ館(徳島県)

開館時間: 9:00〜16:30
休館日:  第2、4、5月曜日(ただし祝日の場合は開館)
       祝日の翌日(ただし日曜・祝日の場合は開館)
       年末年始 12/28〜12/31、1/4〜1/6
公式サイト:http://www.city.naruto.tokushima.jp/germanhouse/

第一次大戦中、中国・青島で俘虜となったドイツ兵約4,700人のうち、約1,000人が1917(大正6)年から1920(大正9)年まで収容所生活を送った「板東俘虜収容所」の記念館。日本で初めてベートーベンの第九が演奏された場所としても有名。現在、東映が『バルトの楽園(がくえん)』を製作中。2006年公開予定。


四国へ行く用事があったので寄り道して(あとで目的地とものすごく離れていることに気づいて後悔しましたが)行って来ました。

写真など
posted by くみ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 常設展、記念館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

前売鑑賞券

シャネテシネへ行ってチケットを買ってきました。

0512l.jpg


下はそのときもらったポストカードとチラシ(内容は公式サイトと同じ、表はポストカードと同じ)です。

0512k.jpg 0512m.jpg
posted by くみ at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

「白バラ」展−立命館大学

「白バラ」展示 ヒトラーに抗した学生たち

期間: 2005年12月12日(月)〜12月24日(土)
場所: 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス

連絡先:立命館大学 経営学部
   
日本におけるドイツ年の行事の一環として、上記日程で「白バラ」展が開催されます。

立命館大学のサイトでお知らせページ等が見つかりましたらこちらへリンクを追加します。
posted by くみ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

ヨーロッパ映画賞2005

2005年12月3日、『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』が女優賞(ユリア・イェンチ)を、観客賞部門でも監督賞(マルク・ローテムント)、女優賞(ユリア・イェンチ)を受賞したようです。

European Film AcademyThe Winnersにて。
日本語ではアカデミー賞サイト オスカーノユクエさんの第18回ヨーロッパ映画賞で。

追記:
ドイツのYAHOO!に記事が出ていたので貼っておきます。(ドイツ語なのでもちろん読んでません。)


続きを読む
posted by くみ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

『白バラの祈り』上映館情報

『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』の公式サイトが正式オープンしたようです。

http://www.shirobaranoinori.com/

以下は、こちらの「Cinema info」ありました上映館情報です。

地区   劇場名       公開日
東 京  シャンテ シネ   06年1月28日
神奈川 横浜シネマリン  06年1月28日
静 岡 シネ・ギャラリー 06年4月15日
愛 知 名演小劇場    06年3月11日
大 阪 OS劇場名画座   06年春
京 都 京都シネマ    06年春
北海道 シアターキノ   06年公開
北海道 シネマ・クレールトーラス 06年公開
青 森 八戸フォーラム  06年公開
岩 手 盛岡フォーラム  06年公開
宮 城 チネ・ラヴィータ 06年公開
山 形 山形フォーラム  06年公開
福 島 福島フォーラム  06年公開
岐 阜 シネマジャングル (予定)
兵 庫 シネ・リーブル神戸 06年春
岡 山 シネマ・クレール 06年公開
三 重 伊勢進富座    06年公開
広 島 サロン・シネマ  06年公開
福 岡 シネテリエ天神  06年公開
宮 崎 宮崎ピカデリー  06年公開
熊 本 Denkikan     06年公開
沖 縄 桜坂劇場     06年公開

※2006年1月19日情報追加。
このあとは追加、修正はしない予定です。上映館情報は公式サイトでご確認ください。
続きを読む
posted by くみ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする