2006年09月25日

『ゾフィー21歳』絶版

2006年2月発行の新版『ゾフィー21歳』は今後増刷を行なわず絶版となるそうです。

このことは、翻訳者である若林ひとみさんの妹さんのサイト(リンクは貼りません。検索すればたどり着けると思います)で知りました。若林さんは、後に講談社文庫から出版された『白バラが紅く散るとき ヒトラーに抗したゾフィー21歳』の方を自身の作品とされていたそうです。

『白バラが紅く散るとき』が復刊、となれば一番良いのでしょうけれど。白バラ図書館にもこの件について情報を追加しておきました。
posted by くみ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

『白バラの祈り』DVD発売

注文していた『白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々』のDVDが届きました。

060922a.JPG 060922b.JPG

■本編DISC
・本編(121分)
・海外版・日本版劇場予告編(4分)
 
■特典DISC(約135分)
・「白バラ映画祭」シンポジウム
 Q:白バラの活動をご説明ください
 A:村上公子教授/約7分

 Q:高校生時代に白バラのメンバーを助け実際に投獄された体験など
   当時のお話をお聞かせください
 A:フランツ・ミュラー/約13分

 Q:『白バラの祈り』を作られた動機や思いなどをお聞かせください
 A:ローテムント監督/約10分

・証言者トーク
 アンネリーゼ・クノープ・グラーフ/約24分
 ヴァルター・ゲーベル/約2分
 フランツ・ミュラー/約18分
 ヴィリ・モーア/約7分
 エリザベート・ハルトナーゲル/約30分
 フライスラーの裁判記録映像/約1分
 (1944年7月20日事件=国防軍関係者によるヒトラー暗殺未遂事件=の審判)
・ドイツ映画祭 舞台挨拶&記者会見
・公開初日舞台挨拶


白バラ映画祭とシンポジウムについては2006年1月30日に、またドイツ映画祭2005については2005年06月05日2005年06月11日記事にしています(DVDのシンポジウム映像及びドイツ映画祭舞台挨拶でBGMが流れていましたが、当日、音楽はなかったと思います)。

私には特典DISCに「白バラ映画祭」シンポジウムの一部が収録されたこと、また「証言者トーク」が予想以上の内容だったことが大変嬉しく、ありがたかったです。キネティックさんには本当に感謝しています。

DVDケースの中に入っていたもの:
060922c.JPG 060922d.JPG
DVD CHAPTER LIST

060922e.JPG
同時代を描いた他作品のチラシ

レンタル版がどのようなものか、近所のレンタル店へ行って確認してきました。『白バラの祈り』は「新作」の棚に1本だけ、中身は貸出中でケースだけになっていました。そしてそのDISCは、やはり本編DISCの1枚のみでした。特典DISCは買わなければ観ることができないということですね。
posted by くみ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

FMシアター『カレーソーセージ』

2006/9/16(土) 22:00〜22:50 NHK-FM
FMシアター シリーズ・ドイツの現代文学『カレーソーセージ』

NHK オーディオドラマより:
ドイツ庶民の味カレーソーセージ。「僕」がその発見者だと信じている女性を訪ねて老人ホームへ。彼女は長い間最高のカレーソーセージを屋台で出していたからだ。もう惚けてしまったかと思ったが、急に、一見何の関係もなさそうな彼女の戦争末期の話が始まった……。物資のない時代。そして若い敗残兵との出会い。「味覚が人生を変える」というドイツ庶民の戦争秘話のドラマ化。

原作:ウーヴェ・ティム
訳:浅井晶子
脚色:原田裕文/演出:真銅健嗣/出演:根岸季衣、萩野崇、たかお鷹、山本竜二、鈴木一功、山内慶太郎、山口千晴、鯨井優穂
posted by くみ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

FMシアター『友情』

2006/9/9(土) 22:00〜22:50 NHK-FM
FMシアター シリーズ・ドイツの現代文学『友情』

NHK オーディオドラマより:
1932年、 戦前のドイツ南部のシュツットガルトにあるギムナジウム(小学校卒業後に入る中等教育機関)で、16歳のユダヤ人の少年ハンスは貴族の美少年コンラディンに出会う。それまで無気力だったハンスは、勉強スポーツと頑張り、ついにはコンラディンとの友情を勝ち得た。甘酸っぱい青年らしい二人の交流。だが二人の友情にナチスが亀裂を生み出し始めた…。青年期に差し掛かる少年たちを瑞々しくも悲しく描く友情物語。

原作:フレッド・ウルマン
訳:清水徹、清水美智子
脚色:佐藤久美子/演出:川野秀昭/出演:石田法嗣、成瀬誠、山路和弘、他


放送日当日の記事ですみません。そして、原作はまだ「白バラ図書館(その他)」に加えてません。今月中には更新したいです。
それから、大変遅くなりましたが、ドイツ映画祭の記事に短編映画の内容をUP致しました。
posted by くみ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする