2006年12月17日

衛星映画劇場(年末年始)

2007/1/4(木) 13:00〜14:55 NHK BS-2
『飛ぶ教室』


NHK BSオンラインより:
ドイツの児童文学家エーリッヒ・ケストナーの代表作を映像化、少年たちの友情と反骨精神を盛り込んだファンタジックなファミリー・ドラマ。学校嫌いの少年ヨナタンは何度も転校を繰り返し、今度はライプチヒの寄宿学校にやってきた。そこで出会ったのは個性的な仲間たち、そして理解ある先生。はじめて学校生活に溶け込むことができたヨナタンは、仲間とともにクリスマス劇を上演しようとするのだが…。

原題:DAS FLIEGENDE KLASSENZIMMER
監督:トミー・ヴィガント/脚本:ウッシー・ライヒ、ヘンリエッテ・ピーパー、フランツィスカ・ブッフ/出演:ハウケ・ディーカンフ、テレザ・ウィルスマイヤー、フレデリック・ラウ、他/独2003
日本公式サイト:http://www.mediasuits.co.jp/tobu/index.html


2007/1/5(金)  0:40〜 2:19(4日深夜) NHK BS-2
『ぼくの神様』


NHK BSオンラインより:
「シックス・センス」で名子役としてスターの仲間入りを果たしたハーレイ・ジョエル・オスメント主演の感動作。ナチスによるユダヤ人強制連行から逃れるため、ポーランドの小さな村にやってきた11歳の少年ロメック。彼はそこで、さまざまな境遇の友達と出会い、ユダヤ人であることを隠すため、カトリックの教会に通うようになる。ロメックは美しい自然に囲まれ、すばらしい友情を手に入れるが、悲しい運命にほんろうされる。

原題:EDGES OF THE LOAD
監督・脚本:ユレク・ボガエヴィッチ/出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント、リアム・ヘス、リチャード・バーネル、ウィレム・デフォー、他/米2001


2007/1/5(金) 13:00〜14:48 NHK BS-2
『エーミールと探偵たち』


NHK BSオンラインより:
児童文学の巨匠ケストナーの小説を現代風にアレンジして映画化。これが長編第二作目となるフランツィスカ・ブッフ監督が、ハラハラドキドキのファミリー・アドベンチャーに仕上げている。少年エーミールは父親と二人暮らし。その父親が交通事故で入院してしまい、彼はしばらくベルリンで暮らすことになった。ベルリンに向かう列車の中で大金をだまし取られたエーミールは、「探偵団」を名のる子供たちと出会う。

原題:EMIL UND DIE DETEKTIVE
監督・脚本:フランツィスカ・ブッフ/出演:トビアス・レツラフ、アンニャ・ゾマヴィラ、ユーゲン・フォーゲル、他/独2001
配給会社の作品紹介ページ


2007/1/5(金) 14:50〜16:29 NHK BS-2
『ふたりのロッテ』(日本語吹き替え)


NHK BSオンラインより:
1949年にベルリンで出版され、現在までに34か国で560万部の大ベストセラーとなっているケストナーの人気小説をドイツ本国で映画化。サマースクールで偶然出会った二人の少女。おてんばのシャルロッテとおしとやかなルイーズはお互いがあまりに似ているのにビックリ。それもそのはず、二人は双子だったのだ。やがて二人はパパとママを仲直りさせようと計略をめぐらす。

原題:CHARLIE&LOUISE:DAS DOPPELTE LOTTCHEN
監督:ヨゼフ・フィルスマイヤー/脚本:シュテファン・ラインハルト、クラウス・リヒター/出演:フリッチ・アイヒホルン、フロリアンネ・アイヒホルン、コリンナ・ハルフォウフ、他/独1994
posted by くみ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。