2007年03月25日

白バラの祈り WOWOW放送

2007/4/11(水) 22:00〜24:05 WOWOW 191ch/BS-5
TOKYOシネマスタイル『白バラの祈りゾフィー・ショル、最期の日々』

2007/4/23(月) 21:55〜24:00 WOWOW3 193ch
特集:ヒトラーとその時代『白バラの祈りゾフィー・ショル、最期の日々』

WOWOW番組表より:
1943年、ドイツ。ミュンヘン大学の女学生ゾフィー・ショルは、兄ハンスと共に、反ナチスの抵抗運動を繰り広げる地下組織グループ“白バラ”に参加し、打倒ヒトラーのスローガンを掲げたり、ビラ配りに精を出していた。ところがある日、大学構内でビラまきを敢行した兄妹は、ゲシュタポに逮捕されてしまう。ベテラン尋問官モーアの厳しい取り調べに対し、ゾフィーは決して臆することなく自らの無実と信念を滔々と訴え続け…。。

原題:SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE
監督:マルク・ローテムント/脚本:フレート・ブライナースドーファー/出演:ユリア・イェンチ、アレクサンダー・ヘルト、ファビアン・ヒンリヒス、ヨハンナ・ガストドロフ、アンドレ・ヘンニック、他/独2005

日本公式サイト:http://www.shirobaranoinori.com/

TV放送は初めてでしょうか。管理人宅はスカパーも契約しているのですが、私にはTVを見る時間がほとんどないので放送予定をチェックすることはしていません。(wowowの映画番組表は確認が楽なので、届くとさっと目を通すようにしていました。)もしかしたらすでにどこかが放送していたかもしれません。4/23は「特集:ヒトラーとその時代」となっていて、『白バラの祈り』の前の枠は『 ヒトラー〜最期の12日間〜』です。

『白バラの庭』内にまだこの作品のページを作っていないことを思い出しました。4月中を目標に更新したいと思います。『最後の5日間』の感想もUPしてないんですよね・・・。
posted by くみ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

モード・オブ・ザ・ウォー 東京都・文京

当時の最先端メディアはポスターだった。
−第一次世界大戦期アメリカのプロパガンダポスター

会期:  2007年1月20日(土)〜3月25日(日)
会場:  印刷博物館
時間:  10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで) ※月曜休館
 
主催:  凸版印刷株式会社、東京大学大学院情報学環

「アメリカの」だったため迷っていたら会期終了が近くなっていました。面白そうな企画ですし、まったく無関係でもないと思うのでUPします。
posted by くみ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

イタリア映画祭 2007

公式サイト:http://www.asahi.com/event/it07/
期間:  2007年4月28日(土)〜5月5日(土・祝)
場所:  有楽町朝日ホール
主催:  イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、フィルミタリア

2005年以降に製作された新作12本、短編5本、劇場公開作品3本、サイレント1本、を上映。この中にプリモ・レーヴィを扱った映画がありました。観に行くことができたら映画祭の様子や映画の感想などUPしたいと思います。

programL:プリモ・レーヴィの道 La strada di Levi
ナチスのユダヤ人収容所から奇跡的に生還した作家プリモ・レーヴィが通った道を再びたどりながら、ヨーロッパを縦断するドキュメンタリー。監督自らがカメラを持って撮影し、自らも時おり画面に登場する静かでプライベートな映像だが、レーヴィへの強い思いと同時に現代ヨーロッパに対する疑問が湧き上がってくる。昨年劇場公開された軽快な秀作『トリノ、24時からの恋人たち』のフェラーリオ監督のもうひとつの顔を見ることができる。

監督:  ダヴィデ・フェラーリオ Davide Ferrario (2006年/92分) 
上映日: 5月1日(火)15:50、5月3日(木・祝)10:20


プリモ・レーヴィの映画には白バラ図書館(映画)「遥かなる帰郷」 もあります。

2007年5月31日追記:
posted by くみ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。