2007年04月29日

ドイツ映画祭2007

会期:  2007年6月8日(金)〜6月12日(火)
会場:  有楽町朝日ホール
公式サイト:http://www.asahi.com/event/de07/
上映作品:新作(2006〜2007年)の12作品、エルンスト・ルビッチ監督のドイツ時代の3作品

主催:  朝日新聞社、ドイツ映画輸出公団、GOETHE-INSTITUTドイツ文化センター

6月8日(金)17:45〜の『4minutes』上映前に開会式(約30分間)と、短編作品『発芽ベビー』(2006年/8分30秒 監督:アンネ・ブライマン) Sprossling (Anne Breymann)の上映があります。また6月10日(日)15:15〜は座談会(入場無料)があります。


今年も観に行く予定ですので映画祭の様子や感想などをUP致します。

2007年6月20日追記:
posted by くみ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

ドレスデン、運命の日

日本公開予定:2007年4月21日(土)より シャンテ シネほか全国順次ロードショー

監督: ローランド・ズゾ・リヒター
脚本: シュテファン・コルディッツ
出演: フェリシタス・ヴォール/ジョン・ライト/ベンヤミン・サドラー、他
製作国:ドイツ/2006年
上映時間:150分
公式サイト(日本): http://dresden-movie.com/

第二次大戦末期の1945年2月。“エルベのフィレンツェ”と讃えられ、ドイツ一の文化と芸術を誇る美しい街ドレスデンにも激しい戦線が近づいていた。看護婦のアンナは、病院に隠れている兵士・ロバートを見つける。アレクサンダーという婚約者がいるにも関わらず次第にロバートに惹かれていくアンナ。しかし彼は追撃されて負傷した英国兵だった・・・。ある夜連合軍による無差別空襲が始まり、街は壊滅的な被害を受ける。予期せぬ空襲によって突如崩れ去った平穏な幸せ。そして魂に導かれるまま戦火の中に燃え上がる恋・・・。それはもう誰にも止めることができなかった。(シャンテ シネ Movie Dataより)

ノベライズ『ドレスデン、運命の日』講談社より発売(住田未歩著)。特別手記「ドイツ空襲を生きのびて」も掲載。
posted by くみ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

EUフィルムデーズ 2007 東京・京橋

第5回 EU Film Days 2007

ゲーテ・インスティトゥート「EUフィルムデーズ」ページより:
駐日欧州委員会代表部、在日欧州連合(EU)加盟国大使館と文化機関、東京国立近代美術館フィルムセンターの共催にて開催するヨーロッパ映画祭で、2007年の「日・EUフレンドシップウィーク」の一環として開催されます。20カ国の選りすぐりの作品が、今回はじめて東京国立近代美術館フィルムセンターを会場として、3週間にわたって上映されます。

期間:  2007年5月10日(木)〜5月27日(日)
会場:  東京国立近代美術館フィルムセンター
 
ドイツからの作品はハンス・ワインガルトナー『ベルリン、僕らの革命』。ダニエル・ブリュール、ユリア・イェンチ(『白バラの祈り』ゾフィー・ショル役)が出演しています。上映予定は12日13:00〜と15日19:00〜の2回。詳しくは公式サイトでご確認ください。

ドイツ映画祭(6月8日〜12日)、ドイツ映画史展望(6月27日〜7月7日)もそれぞれ一ヶ月前くらいにまたあらためてUPします。
posted by くみ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする