2009年09月21日

リンクページ更新しました

閉鎖(休止)された4サイト様のリンクを外しました。
(blogのリンク欄に残していたドイツ年サイトへのリンクも削除しました)

リンク削除のケースでこうしたお知らせ記事をUPするのは異例ですが、ひとつはとてもお世話になったサイト様で、2001年にそのサイト様に出会わなければ、この「白バラの庭」は存在しなかった、というほどお世話になりました。サイト開設から8年になりますが、感謝の気持ちは今も変わりません。

そして、ふたつの素材サイト様。トップページ他、バラの写真のほとんどがこの2サイト様からいただいたもので、素敵な写真に刺激を受けて、サイトの改装をしたこともありました。閉鎖はとても残念です。作品のファンとしては、小規模でも再開していただけたら、と思っていますが・・・。

管理人の皆様、本当にありがとうございました。
posted by くみ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

ドイツ映画祭2009

期間:  2009年10月15日(木)〜10月18日(日)
会場:  新宿バルト9
上映作品:7作品+短編映画集
     『SOUL KITCHEN』 Soul Kitchen
     『ブッデンブローク家の人々』 Buddenbrooks
     『赤い点』 Der rote Punkt
     『冬の贈りもの』 Im Winter ein Jahr
     『ヒルデ − ある女優の光と影』 Hilde
     『ラン・ローラ・ラン』 Lola rennt
     『マーサの幸せレシピ』 Bella Martha
     
     映画界を代表する才能が<現在のドイツ>を表現するために結集
     『ドイツ2009 − 13人の作家による短編』
     ドイツの若い映像作家たちによる、選りすぐりの短編映画集
     『ネクスト・ジェネレーション '09』 Next Generation '09

主催:  ドイツ映画輸出公団、GOETHE-INSTITUTドイツ文化センター

公式サイト:http://www.germanfilmfest.jp/

【連動企画】
ドイツ ショートフィルム特集 at横浜Brillia SHORT SHORTS THEATER
日程:10月19日(月)〜31日(土)※火曜日定休
時間:19:50〜20:50
   60分で5本のショートフィルムを上映
会場:ブリリア ショートショート シアター


当サイト的視点でピックアップすると、『ヒルデ − ある女優の光と影』の時代がナチ時代末期〜戦後ということで少し重なるようです。あとはトーマス・マン作品の映画化『ブッデンブローク家の人々』。これは(アウグスト・ディールのファンですので)絶対見に行きます。
連動企画のドイツ ショートフィルム特集で上映される『おもちゃの国』(2009年米国アカデミー賞短編実写部門受賞作品)も1942年ドイツの親子の話のようですが、横浜、行けるかどうか・・・。
posted by くみ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。