2010年07月04日

日独交流150周年

公式サイト http://dj150.jp/index.html

ドイツと日本は今年の秋から一年にわたり、多彩な記念行事や要人訪問などを通して、国交150周年を共に祝います。

プロイセンの東方アジア遠征団が1860年秋に現在の東京である江戸に到着し、翌61年に日本と修好・通商・航海条約を結び、ここに両国の長年にわたる友好関係の礎が築かれました。日独両国は、その歴史の中でさまざまな時期をくぐり抜け、今日では経済大国に数えられています。両国は、経済、科学、政治、文化の分野において互いに重要なパートナーであり、共通の価値観と利害を分かち合っています。

視線は未来に向けられています:目指すのは、古くからの確固とした絆を基礎としながら、若い人たちの互いの国に対する関心をも呼び起こすことです。

2010年10月16日、東京横浜独逸学園での数千人規模の記念行事がオープニングとなります。2011年には、ユースサミット、ドイツロックフェスティバル、横浜港大さん橋での1万人規模のドイツフェスティバルなど、大規模行事が計画されています。

皆様、共に祝いましょう!

駐日ドイツ連邦共和国大使
フォルカー・シュタンツェル


当blogでは「20世紀前半のドイツ」に関係ありそうなイベントを中心に紹介していきます。
posted by くみ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お久しぶりです

放置している自覚はありましたが、前の記事が新年のご挨拶でびっくりしました。すみません。お久しぶりです。

理由はいろいろあるのですが、その中で一番問題だったパソコン不調はどうにもならず、修理する気にもならず、このたび新しいパソコンを購入しました。サイト更新はもう少し先になると思いますが、このblogはまめに更新していこうと思っています。
posted by くみ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。