2010年12月09日

日曜美術館 魂の色彩を 〜「青騎士」美の革命〜

2010/12/12(日) 20:00〜21:00 NHK教育 (再放送)
魂の色彩を
〜「青騎士」美の革命〜

番組公式サイトより:
20世紀初頭のドイツ・ミュンヘン、若き芸術家たちが“美の革命”を唱えて立ち上がりました。「青騎士」と呼ばれるグループです。中心メンバーは、カンディンスキーとマルクという二人の前衛画家。彼らは、大量消費社会が幕を開け、物質万能主義が浸透し始めていた時代の風潮を痛烈に批判し、精神的な世界を色彩によって表現しようと挑みました。
カンディンスキーは、音楽を奏でるように色彩で魂を響かせ、マルクは、動物と自然の調和を色彩によって成し遂げようと試みます。あるがままの現実を写し取ることではなく、内面世界を抽象的な表現で表そうとしたのです。多くの批判や反発を受けながら古い世界と闘い、あらゆる芸術の開放を目指した彼らの活動は、20世紀の芸術に大きな影響を与えました。
しかし残念ながら「青騎士」は、わずか3年余りで、戦争という大きな時代の渦に飲み込まれていくことになります。カンディンスキーは海外へ逃れ、マルクは戦場の最前線へ。塹壕(ざんごう)の中で、マルクは新しい構想をスケッチブックに描き続けましたが、生きて故国の土を踏むことはありませんでした。
「青騎士」が残したものとは何だったのか。その軌跡を追います。

出演: 有川治男さん(学習院大学教授)
posted by くみ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

カンディンスキーと青騎士展 東京・丸の内

カンディンスキーと青騎士展

三菱一号館美術館より:
ミュンヘン市立レンバッハハウス美術館は、20世紀初頭の革新的芸術運動「青騎士」グループの世界的コレクションで知られています。

19世紀末のミュンヘンには、ドイツ美術における最重要拠点として多くの芸術家たちが集っていました。その中には、モスクワからやってきて、後に「青騎士」グループの中心的人物となるヴァシリー・カンディンスキー(1866−1944年)もいました。1901年に芸術家集団「ファーランクス」を仲間たちと立ち上げたカンディンスキーは、翌年、画学生として入学したガブリエーレ・ミュンター(1877−1962年)と運命的な出会いをします。親密な仲となった二人は、オランダ、チュニジア、パリなど各地を歴訪した後、1908年、ミュンヘンに戻って生活をともにするようになります。

1909年、ミュンターがムルナウに家を構えると、後に「青騎士」と称される芸術家たち、アレクセイ・ヤウレンスキー(1864−1941年)、マリアンネ・フォン・ヴェレフキン(1860−1938年)、アウグスト・マッケ(1887−1914年)、フランツ・マルク(1880−1916年)らが集い、活発な芸術討論の場となります。

「青騎士」グループの芸術革新は、1911年、「ミュンヘン新芸術家協会」の展覧会でカンディンスキーの作品《コンポジションX》が拒絶されたことを機に始まりました。ミュンターやマルクらは、後に「第1回青騎士展」とよばれる独自の展覧会を開催するため協会を脱退します。1911年末、タンハウザー画廊で開催された展覧会は、時代を象徴する衝撃的な出来事として注目されました。彼らの急進的な芸術理念を発表する場として、カンディンスキーとマルクが中心となって夏から進めていた年鑑出版の計画も、翌1912年『青騎士』年鑑として結実します。こうした「青騎士」グループの活動により、ミュンヘンは国際的芸術アヴァンギャルドの都市として一躍脚光を浴びることとなりました。

こうして、「青騎士」グループが今まさにこれから、という1914年、第1次世界大戦が勃発します。マルクとマッケが若くして戦場に散り、カンディンスキー、ヤウレンスキー、ヴェレフキンがドイツから去って、一夜にしてこの希望に満ちた芸術活動はミュンヘンから失われてしまいました。グループの離散により一人残ったミュンターは、ナチスドイツが台頭する困難な時代にも仲間たちの作品を守り続け、80歳になった1957年、手元に残っていたきわめて価値の高いカンディンスキーの作品、「青騎士」グループの画家たちの秀作、そして自身の作品をミュンヘン市とレンバッハハウス美術館に寄贈します。

この展覧会は、レンバッハハウス美術館の全面的協力により、日本では初めて「青騎士」グループの活動を本格的に紹介します。カンディンスキー、ミュンター、ヤウレンスキー、ヴェレフキン、マルク、マッケ、パウル・クレーの油彩など60点を中心に、貴重な資料や写真を展示して、わずか10数年で戦火に飲まれた「青騎士」の活動を検証します。


会 期: 2010年11月23日(火・祝)〜2011年2月6日(日)
会 場: 三菱一号館美術館 特集ページ
時 間: 水・木・金 10:00〜20:00
      火・土・日・祝・年末・年始 10:00〜18:00
      (入館は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜(祝日の場合は翌日火曜日休館、1月31日は開館)・元日

主 催: 三菱一号館美術館、東京新聞
巡 回: 愛知県美術館  2011年2月15日(火)〜4月17日(日)
      兵庫県立美術館 2011年4月26日(火)〜6月26日(日)
      山口県立美術館 2011年7月 5日(火)〜9月 4日(日)
posted by くみ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。