2012年01月04日

ドイツ映画特集(東京・赤坂)

会期: 2012年1月19日(木)〜1月21日(土)
会場: ドイツ文化会館ホール
上映作品:ドイツ映画の最新作4本を上映(日本語字幕付き)

主催: GOETHE-INSTITUTドイツ文化センター、ドイツ映画輸出公団

上映スケジュール
1月19日(木)
16:30 「どうする、人生真っただ中」
19:00 「ホテル・ルックス」※
※上映前にオープニングのごあいさつ、上映後に監督へのインタビューあり。

1月20日(金)
16:30 「アルマニヤ−ドイツへようこそ」
19:00 「若き天才音楽家たち」

1月21日(土)
11:30 「若き天才音楽家たち」
14:00 「どうする、人生真っただ中」
16:30 「アルマニヤ−ドイツへようこそ」
19:00 「ホテル・ルックス」
posted by くみ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善き人

有楽町スバル座 開館65周年記念作品

日本公開:2012年1月1日(日)より有楽町スバル座他全国順次公開

監督: ヴィセンテ・アモリン
脚本: ジョン・ラサール
原作: C・P・テイラー『Good』
出演: ヴィゴ・モーテンセン、ジェイソン・アイザックス、ジョディ・ウィッテカー、マーク・ストロング、他
製作国:イギリス・ドイツ/2008年
上映時間:96分
公式サイト: http://www.yokihito-movie.com/
配給会社: ブロ−ドメディア・スタジオ
公式サイトより:
1930年代、ヒトラー独裁が進むドイツ。ベルリンの大学で文学を教えるジョン・ハルダーは、善き人であろうと心がけて生きる平凡な男だ。実際に彼は、病身の母を介護する善き息子であり、妻の代わりに家事をする善き家庭人であり、プルーストの講義に情熱を傾ける善き教師であり、そして第一次世界大戦を共に戦ったユダヤ人モーリスの善き友であった。しかし、そんなジョンの生き方を一変させる出来事が起こる。過去に書いた《安楽死》をテーマにした小説をヒトラーに気に入られたことから、ナチスに入党せざるをえなくなってしまう。それは、生き延びるための余地のない選択。だが同時に、唯一の親友モーリスを裏切る行為でもあった。やがてドイツ国内で反ユダヤの動きが激化。親衛隊の幹部に出世したジョンは、国外脱出を望むモーリスに手を貸そうとするのだが…。
posted by くみ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

新年 2012

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は家族の入院から生活がガラッと変わり、自分の時間がほとんど無い状態でした。それでも、上司に相談して新しく人を入れてもらえたおかげで私の業務がかなり減り、秋頃からは毎日定時退社、休日は外出ができない代わりに本を読む時間は以前より増えてきているので、もう少し時間のやりくりをうまくできるようになったら、サイトの更新をしたいと思っています。
posted by くみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。