2008年09月07日

ドイツ映画祭2008

期間:  2008年10月31日(金)〜11月3日(月・祝)
会場:  新宿バルト9
上映作品:新作7作品
     復元版オリジナルヴァージョン無声映画2作品
     『HANAMI』Kirschblüten - Hanami
       2008年/ドリス・デリエ監督/126分
     『クララ・シューマンの愛』Geliebte Clara
       2007年/ヘルマ・サンダース=ブラームス監督/104分
     『耳のないウサギ』Keinohrhasen
       2007年/ティル・シュヴァイガー監督/115分
     『ウェイブ-あるクラスの暴走』Die Welle
       2007年/デニス・ガンゼル監督/93分
     『ベルリンDJ』Berlin Calling
       2008年/ハンネス・シュテーア監督/109分
     『クラバート - 謎の黒魔術』Krabat
       2008年/マルコ・クロイツパイントナー監督/117分
     『ノース・フェイス - アイガー北壁』Nordwand
       2008年/フィリップ・シュテルツル監督/126分

     『巨人ゴーレム』Der Golem, wie er in die Welt kam
       1920年/パウル・ヴェーゲナー、カール・ベーゼ監督/86分
     『カリガリ博士』Das Cabinet des Dr. Caligari
       1919年/ローベルト・ヴィーネ監督/73分


主催:  ドイツ映画輸出公団、GOETHE-INSTITUTドイツ文化センター

公式サイト:http://www.germanfilmfest.jp/

9月5日〜7日、12日〜15日に開催される『フランス映画の秘宝』でも20世紀前半のドイツが関係している作品が何作か上映されるようです。


posted by くみ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。