2009年01月24日

ワルキューレ

日本公開予定:2009年3月20日(金・祝)より全国ロードショー

監督: ブライアン・シンガー
脚本: クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー
出演: トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ他
製作国:アメリカ・独/2008年
上映時間:
公式サイト: http://www.valkyrie-movie.net/
配給会社(東宝東和)サイトより:
作戦コードは「ワルキューレ」。偉大な作曲家ワーグナーの代表曲から名付けられた計画は、世界の未来を左右する重要なカギを握っていた。
シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、ワーグナーの『ワルキューレ』を聴いた事から、世界の独裁者アドルフ・ヒトラーを完全に転覆させる、ある作戦を思い付くが…。

〔良心〕に従い世界を変えようと協力する者、〔独裁者〕の権力に屈し作戦を阻止しようとする者、〔両者〕の裏で陰謀を企む者、そして困難な計画の行く末を見守る家族。

様々な思惑が交錯し、果たして過去40回を超える暗殺計画を潜り抜けてきた厳重な警戒に護られた男を倒すことができるのか?そして〔独裁者〕と〔首謀者〕、戦死者を選ぶ女神〈ワルキューレ〉はどちらを選択するのか?

死と隣り合わせの極限状況の中、世界の命運をかけた「10分間」のカウントダウンが始まる。

公式サイトにはまだ開通していないコンテンツがあります。2月中には完成するでしょうから、この記事もそれをもとにまた整理します。

もうひとつ。
ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』。映画化決定からずいぶんたちましたが、『愛を読むひと』の邦題で2009年初夏全国ロードショーだそうです。アカデミー賞に作品、監督、主演女優賞などでノミネートされましたね。こちらも公開が近くなりましたら記事UPします。


posted by くみ at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
『ヒトラー 最期の12日間』の制作を担当したベルント・アイヒンガーが制作した『バーダー・マインホフ・コンプレックス』がアカデミー外国語映画賞の候補になったようですね。
若松監督の『実録・連合赤軍』がベルリン映画祭で好評を得たことと、この映画の間には関連があるのでしょうか?
ドイツ本国での『バーダー〜』の評価はどうなのでしょう?
エントリ違いで申し訳ありませんが?
Posted by natunohi69 at 2009年01月31日 10:49
natunohi69さん、こんにちは。お久しぶりです。
すみません、ドイツの映画事情には明るくないので本国での評価については全然わからないです。アカデミー賞ノミネートにドイツ映画が選ばれているな、日本でも公開予定があるな、程度でした。でもキャストに気になる俳優が入っていますし、公開されたら観に行きたいと思っています。
Posted by くみ at 2009年02月01日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。