2009年08月06日

意志の勝利

1934年9月に行われたナチス党大会の記録映画『意志の勝利』が東京・渋谷で上映されます。

上映期間:2009年8月1日(土)から2009年8月28日(金)まで
      シアターN渋谷にて
監督: レニ・リーフェンシュタール
製作国:ドイツ/1934年
上映時間:112分
配給会社:メダリオンメディア、是空


観に行く予定です。後日感想などUPします。

2009年9月17日追記:

初めて見たような気がしなかったのは、瀬川裕司『美の魔力 レニ・リーフェンシュタールの真実』を読んだことがあるせいかもしれません。それに、ヒトラーの演説やパレードの映像は部分的にドキュメンタリーなどでよく使われているので、見覚えがあっても不思議ではないわけですね。

ヒトラーがニュルンベルクの街をオープンカーでパレードするあたりまで、つまりオープニング部分は興味深く見ていたのですが、徐々にリーフェンシュタールの演出についてチェックする気力も失せていき、後半は少しうとうとしてしまいました。映画がどうこうというより、ナチスの儀式や式典、行進の様子にうんざりしてきたのだと思います。長いなぁというのが一番の感想かも。

内容については、『美の魔力』に書かれている「『意志の勝利』の全貌」を読むと、映画の構成がほとんどまるごとわかります。リーフェンシュタールの演出、矛盾点(時間軸を無視して繋がれた映像、同一の映像を繰り返して使う<使いまわし>など)も細かく指摘されていますので、この映画に興味がある人には(今回ご覧になった人にも)おすすめです。

090815.jpg


posted by くみ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。