2009年11月27日

誰がため

2008年デンマーク・アカデミー賞5部門受賞

日本公開予定:2009年12月19日(土)よりシネマライズ他全国順次ロードショー

監督: オーレ・クリスチャン・マセン
脚本: ラース・K・アナセン/オーレ・クリスチャン・マセン
出演: トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルケル、他
製作国:デンマーク、チェコ、ドイツ/2008年
上映時間:136分
公式サイト: http://www.alcine-terran.com/tagatame/
配給会社:アルシネテラン

1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク
過酷な運命に翻弄されながらも、ナチスに凛然と立ち向かったフラメンとシトロン
65年の時を経て、今明かされる、哀切なる実話

第二次世界大戦末期、打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織〈ホルガ・ダンスケ〉の一員であるコードネーム、フラメンとシトロンの任務は、ゲシュタポとナチに寝返った売国奴の暗殺であった。 確固たる信念のもと任務をこなしていく2人だが、ある標的と対峙した時、“何かがおかしい”と初めて暗殺をためらってしまう。
更に、フラメンの恋人であるケティへスパイ容疑がかかり暗殺命令がくだったことで、組織に対する疑念は急速に膨らんでゆく?組織は、ケティは、本当に信じることができるのか? 誰が敵で誰が味方か、疑心暗鬼に苛まれ苦しむ中、フラメンとシトロンは危険な立場に追い詰められていくことを感じ始める。自分たちがしていることは正義なのか?何のために戦っているのか?
そして己の果てを悟った2人がそれぞれ選択した驚愕の結末とは・・・。(配給会社サイト「作品紹介:STORY」より)

フラメン役の俳優さん、見覚えがあるなと思ったら『青い棘』に出ていた俳優さんでした。
posted by くみ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。