2006年04月07日

エルンスト・バルラハ展 東京・上野

ドイツ表現主義の彫刻家−エルンスト・バルラハ展

会期:  2006年4月12日(水)〜5月28日(日)
会場:  東京藝術大学大学美術館
時間:  10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで) ※月曜休館

主催:  東京藝術大学、朝日新聞社

巡回: 2006年6月3日(土)〜7月17日(祝・月) 山梨県立美術館

2006年5月7日追記:

東京藝術大学大学美術館へ行ってきました。

060506a.jpg
上野駅から上野公園へ

060506c.jpg 060506b.jpg
上野の主な美術館・博物館からは少し離れたところにある芸大美術館、中に入るのは今回が初めてでした。

060506d.jpg
バルラハ展は3階。木彫12点、ブロンズ24点、素描75点、版画36点、関係資料など合わせて約180点の作品が年代順(第1章「ハンブルクとドレスデンでの修行時代(1888-1896)」〜第7章「偉大なる制作の時代(1927-1932)そしてナチス時代における芸術家バルラハの存在(1933-1938)」)に展示されていました。

060506e.jpg 060506f.jpg
印象に残った作品のうちの2点
「読書する僧たちIII(1932)」「ロシアの恋人たち(1908)」


posted by くみ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。