2006年10月24日

死刑に対するヨーロッパの視点 大阪・豊中市

日欧セミナー 死刑に対するヨーロッパの視点

日時:  2006年10月28日(土)発表とコメント13:30〜15:30、討論16:00〜17:00
会場:  大阪大学豊中キャンパス 大学院国際公共政策研究科6階会議室

ディスカッション参加者:
 ユルゲン・マルチュカート、エアフルト大学(歴史学)教授
 ステファノ・マナコルダ、ナポリ大学、パリ大学(刑法)教授
 レナーテ・ヴォールヴェント、リヒテンシュタイン、欧州評議会議員会議議員
 金子武嗣、弁護士、日本弁護士連合会会員
 永田憲史、関西大学法学部専任講師
 西木正、毎日新聞大阪本社・論説副委員長
 司会: 松田岳士、ヨハネス・キンメスカンプ (大阪大学)
 
共催:  EUインスティトゥート関西
     大阪日仏センター=アリアンス・フランセ−ズ
     大阪ドイツ文化センター


posted by くみ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。