2012年08月01日

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」 第2回

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」
Aどんな人生にも意味がある

2012/8/8(水)23:00〜23:24 Eテレ
 再放送 翌週水曜5:30〜5:54、12:25〜12:49
100分 de 名著
私たちは、自由で自己実現が約束されている環境こそが幸せだと思っている。しかし災害や病気などに見舞われた時、その希望は潰える。収容所はその最悪のケースだ。しかしそれでも、幸せはまだ近くにあるのではないかとフランクルは考えた。人間は欲望だけではなく、家族愛や仕事への献身など、様々な使命感を持って生きている。どんな状況でも、今を大事にして自分の本分を尽くし、人の役にたつこと。そこに生きがいを見いだすことが大事なのではないかとフランクルは考えた。そして医師としてチフス患者の病棟で働きながら、仲間たちに希望の持ち方を語った。


posted by くみ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くみさん、こんばんは。
いつも情報をいただき、ありがとうございます。
第1回は先ほど見ましたが、ロゴセラピーをまた勉強で
きるので毎回楽しみです。

こちらでは5月にポーランドのドキュメンタリー映画
『モルトケ』が上映されました。これは、ヘルムート・
ジェームズ・フォン・モルトケの生涯を30分ほどにま
とめた短編映画で、収穫の多い作品でした。
クライザウは現在、クシジョヴァ(ポーランド領)と名
を変えましたが、彼の残した精神はその地でドイツとポ
ーランドの人々に受け継がれ、過去から現在、そして未
来へと、世代や国境を越えてつながっていくものと感じ
ました。

Posted by グスタフ飯沼 at 2012年08月02日 00:24
グスタフ飯沼さん、こんにちは。

番組、私は全4回、録画してからまとめて見ようかなと思っています。

モルトケについてのドキュメンタリー映画ですか!知りませんでした。情報ありがとうございます。ポーランド映画・・・。東京でも何かのイベントで上映されるようでしたら、是非見に行きたいです。
Posted by くみ at 2012年08月02日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。