2013年03月08日

ベルリン中央駅〜ブランデンブルク門

テーゲル空港の小ささに驚いたあと、ベルリン中央駅の新しさ(2006年5月開業。とてもきれい)と斬新なデザイン、構造にまた驚きました。やっぱり写真で見るのと実際に中に入ってみるのとでは印象が全然違いますね。

2013年ベルリン中央駅 2013年ベルリン中央駅

2013年ベルリン中央駅

中央駅地下には地下鉄(U-Bahn)のホームもあり、そこからU-55でブランデンブルク門へ。

ベルリンの地下鉄ホームの壁には、その駅周辺の歴史みたいなものが描かれたプレートや写真があったりするのですが、Brandenburger Tor駅はこんな感じ。

2013年ベルリン U-55ブランデンブルク門駅

U-55は2009年開業の新しい路線だそうで、しかもまだ、中央駅−連邦議会駅−ブランデンブルク門駅、の3つだけ。帰国後に調べたら、ウンター・デン・リンデンの地下を通ってアレクサンダープラッツまで延びる予定とか。だからウンター・デン・リンデンのほとんどが工事現場みたいな状態だったのか!そして、数年はあのままなのでしょうね・・・

2013年ベルリンブランデンブルク門

地上に出るといきなりブランデンブルク門。この広場、大勢の観光客と大道芸や謎の着ぐるみの方たちがいて、とても明るい雰囲気でした。私が勝手にイメージしていたこの場所とはかなり落差があって、軽く狼狽。

うろたえながら門をくぐると、突然、写真付き円柱の林が出現しました。

2013年ベルリンPlatz des 18. März 

ティアガルテン側にある3月18日広場でイベントらしきものが。

http://www.berlin.de/2013/en/startseitenweiterleitung/

これみたいですね。
この「X」印、ベルリンのいろんな場所で見かけました。

(翌日にはこのドイツ歴史博物館の展示も見に行きました)
http://www.newsdigest.de/newsde/entertainment/event/details/535-Zerstörte-Vielfalt.html


あまり予習せずに旅立ったので、「これなんだろう?」と思うことが多かったです。で、帰国後に調べて納得する、という。もともとベルリンは2日間だけの予定だったので、あまり欲張っても疲れてしまうし、とかなりゆるめの予定をたてたのですが、いま既に「復習しにもう1回行かねば!」とか思ってます。

2013年ベルリンPlatz des 18. März  2013年ベルリンPlatz des 18. März

2013年ベルリンPlatz des 18. März
posted by くみ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルリン 2013年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。