2013年03月23日

ミュンヘン地方裁判所

中央駅の方からPrielmayerstr.をKarlspl.の方へ歩いて行くと最初に茶色の建物が見えてきます。

2013年ミュンヘン 裁判所  2013年ミュンヘン 裁判所  2013年ミュンヘン 裁判所

こちらは高等裁判所とのこと。このすぐ隣の白っぽい建物が現在の地方裁判所。

2013年ミュンヘン 裁判所

1943年2月22日にショル兄妹とクリストフ・プロープストの、4月19日にアレクサンダー・シュモレル、ヴィリー・グラーフ他、多くの白バラ関係者たちの裁判が行われた「民族裁判所」。空爆で破壊されなかったか、あるいは戦後に元の姿に修復したのか、戦前の写真と比べてみても外観はほとんど同じです。

http://www.justiz.bayern.de/gericht/lg/m1/

入り口前にはドイツとバイエルン州の旗がありました。

私は入りませんでしたが、館内は見学でき、白バラの裁判が開かれた法廷も見学できるそうです。

2013年ミュンヘン 裁判所  2013年ミュンヘン 裁判所

天秤を持つユスティティアの像。右は、Karlspl.側の写真。建物の正面としてはこちら側になるのかな。バイエルン州法務省(Bayerisches Staatsministerium der Justiz und für Verbraucherschutz)だそうです。

2013年ミュンヘン 裁判所

上は、2月22日に撮った写真。ドイツとバイエルン州の旗が、半旗になってました。白バラと関係があるのかはわかりませんが、ちょうどショル兄妹とクリストフのお墓へ行った帰りに見たので、私はふと、もしかしたらそうなのかも、と思いました。


posted by くみ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュンヘン 2013年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。