2013年03月28日

ドキュメンタリー Die Widerständigen

2月18日の夜、ニュース番組で式典の様子が流れたのを見て、「新聞にも記事が載るのでは」と思い、翌朝、駅で新聞を買って確認しました。小さな扱いでも何かしら載っていたとは思うのですが、残念ながら私には見つけることはできませんでした。何回か目を通して諦めかけたとき、見覚えのある写真が目に入りました。

2013年ミュンヘン ドキュメンタリー  2013年ミュンヘン ドキュメンタリー

トラウテ・ラフレンツ!!
右は別な新聞(?)に載っていたもの。ゾフィー・ショルの姉エリーザベト。

「22:45から白バラについてのドキュメンタリーフィルムを放送します」という広告であることは理解できたので、夜、うっかり寝てしまわないようアラームをセットしつつ、TVの前で放送を待ちました。

Die Widerständigen
Zeugen der Weißen Rose
監督:Katrin Seybold、制作国:ドイツ、2008年


見るだけのつもりだったのに、始まって10分もしないうちにカメラでTV画面を撮り始め、エンドロールまで1時間以上撮り続けてしまいました。白バラ関係者のインタビューと当時の写真が次々に映し出され、画面が切り替わるたびにシャッターを押していたせいで、数えたら500枚以上も。ここでご紹介しようかと考えていたのですが、TV画面そのままというのは問題がありますし、どうまとめても100枚以上になってしまうしで、UPするのは断念しました。

2013年ミュンヘン ドキュメンタリー  2013年ミュンヘン ドキュメンタリー

そのエンドロールだけ・・・
右は、インタビュー映像があった14人の名前。

Traute Lafrenz-Page 「ハンス・ショルの友人」
Jürgen Wittenstein 「ミュンヘンの友人」
Herta Siebler-Probst 「クリストフ・プロープスト夫人」
Franz J. Müller 「ウルムの友人」
Elisabeth Hartnagel 「ハンスとゾフィーの姉妹」
Susanne Zeller-Hirzel 「ウルムの友人」
Dieter Sasse  「クリストフ・プロープストの異父弟」
Lilo Fürst-Ramdohr 「アレクサンダー・シュモレルの友人」
Erich Schmorell 「アレクサンダー・シュモレルの異母弟」
Anneliese Knoop-Graf 「ヴィリー・グラーフの妹」
Hans Hirzel 「ウルムの友人」
Birgit Weiß-Huber 「クルト・フーバー教授の娘」
Nikolay Hamazaspian 「アレクサンダー・シュモレルの友人」
Heiner Guter 「ウルムの友人」

Nikolay Hamazaspianは、ショル兄妹逮捕後に、自分の古いパスポートをアレックスに渡して逃亡を助けた人ですね。


番組終了直後、翌日放送の映画のCMが。

2013年ミュンヘン ドキュメンタリー

パーシー・アドロン『最後の5日間』!!

翌日も写真撮りまくりでした。


posted by くみ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュンヘン 2013年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。