2013年04月16日

モニュメントなど

フランツ・ヨーゼフ通りにあるショル兄妹が(1942年の6月から、翌年2月に逮捕・処刑されるまで)住んでいた家を見に行きました。

2013年ミュンヘン シュヴァービング  2013年ミュンヘン シュヴァービング

Giselastr.駅で地下鉄を降り、レオポルト通りからフランツ・ヨーゼフ通りに入って少し歩いたところにあります。

2013年ミュンヘン シュヴァービング  2013年ミュンヘン シュヴァービング

住所はFranz-Joseph-Straße 13で、確かにここなのですが、彼らが住んでいたのはこの建物ではなく、この建物の裏というか後ろ側にある家のようです。この、通り側の建物入り口には「ショル兄妹が住んでいた」という碑があります(かなり高いところにあるので、普通に歩いていたのでは視界に入らず通り過ぎてしまうと思います)。

2013年ミュンヘン シュヴァービング
  2013年ミュンヘン シュヴァービング

次に、来た道を戻って、建築家アーケマイヤーのアトリエがあったレオポルト通りへ。白バラの学生たちが読書会や討論会に使い、その地下室でビラ製作をしたアトリエは「レオポルト通り38番地」ですが、現在は保険会社の大きなビルになっていて、住所もLeopoldstr. 36。ビルの前には「Walking Man」という巨大な像があります。

2013年ミュンヘン シュヴァービング


ショル兄妹の家のすぐ近く。大学とも近いです。


2013年ミュンヘン オデオン広場


地下鉄でOdeonsplatzまで戻り、ホーフガルテンへ。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン
  2013年ミュンヘン ホーフガルテン

このホーフガルテンの中に白バラの記念碑があると知り、見に行ったわけですが、広い庭園内のどのへんにあるのかはわからなかったので、とりあえず歩いてみました。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン
  2013年ミュンヘン ホーフガルテン

園内の大きな道は人が通れる程度に除雪されていましたが、大部分は雪が積もったまま。歩くのがやっとで記念碑を探すどころではなく、気づいたら日が暮れてきてこの日は見つけられないままホテルへ戻りました。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン


ベンチの背もたれにのっていた雪だるま。ちょっと癒されました。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン
  2013年ミュンヘン ホーフガルテン

後日、再トライ。わりとすぐに見つかりました。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン
  2013年ミュンヘン ホーフガルテン

が、書かれている文字がうまく写真に撮れず、一番下のDie Weisse Rose 1943だけなんとか見えるように写したのが限界でした。

2013年ミュンヘン ホーフガルテン
  2013年ミュンヘン ホーフガルテン

反対側は7月20日事件についてのようですが、これもほとんど見えなくて・・・。

2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場
  2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場

さらに別の日、ナチズム犠牲者の広場へ。なんと工事中。

2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場
  2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場

碑があるはずなのだが・・・とウロウロしてみたら見つかりました(雪に埋もれていたので掘り出しました)。

2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場
  2013年ミュンヘン ナチズム犠牲者の広場

ギリギリ、柵の外側。運がいいのか悪いのか。ショベルカーを背景にした、微妙な写真。

2013年ミュンヘン サルヴァトール通り
  2013年ミュンヘン サルヴァトール通り

将軍堂まで戻ってマリエン広場方面へ歩いていたらSalvatorstr.の標識を見つけたので入ってみました。

2013年ミュンヘン サルヴァトール通り
  2013年ミュンヘン サルヴァトール通り

サルヴァトール通りは、1943年2月にハンス、アレックス、ヴィリーが反ナチの落書きをしたとされる場所。他に落書きが発見されたのは、ルートヴィヒ通り、大学、アマーリエ通りとされていて「大学周辺」なのですが、ここはそれらとは少し離れています。


posted by くみ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュンヘン 2013年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。