2013年04月29日

ペルラッハ・フォルスト墓地(1)

2013年2月22日(金)、ミュンヘン東駅で柵を見たあと、S-Bahn(S3)でGiesingまで行き、路面電車トラム17に乗り換えて終点Schwanseestraßeへ。

2013年ミュンヘン 路線図  2013年ミュンヘン 路線図

路線図2種類。左は東駅OstbahnhofからSchwanseestraßeまでを、右はGiesingからSchwanseestraßeまでとペルラッハ・フォルスト墓地Friedhof am Perlacher Forstを確認できます。
(トラム17はミュンヘン中央駅とカールスプラッツを通る路線なので、中心部からは乗り換えなしでSchwanseestraßeまで行くことができます。)

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst

SchwanseestraßeとStadelheimer Straßeの交差点。右の路線図でもわかりますが、この墓地のとなりにはシュターデルハイム刑務所があります。彼らはここで処刑され、となりの墓地に埋葬されたわけですね。

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst  2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst

路面電車の停留所から一番近い入り口。月によって違う開門時間が細かく書いてあります。11月から2月は8:00-17:00。

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst
  2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst

墓地内の案内図(左上の赤い矢印が現在地)。埋葬されている著名人とその墓所番地リスト。
クリストフ・プロープスト、アレクサンダー・シュモレル、ハンス・ショル、ゾフィー・ショル、ハンス・ライペルト、ハラルト・ドールン、Hans Queckeの名前があります。ハラルト・ドールンはクリストフ・プロープストの義父で、「1945年4月29日、連合軍がミュンヒェンを占領する数時間前、百五十人の政治犯と共に、ペルラッハの森で銃殺された」(山下公子『ミュンヒェンの白いばら』筑摩書房、1988)。Hans Queckeとハラルト・ドールンは義理の兄弟で、彼も白バラに関係していたそうです。

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst  2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst

反ナチス抵抗運動グループ「白バラ」関係者であるゾフィー・ショル、ハンス・ショル、クリストフ・プロープスト、アレクサンダー・シュモレル、ハラルト・ドールン、Hans Queckeのお墓の場所は、すぐに見つけられるよう黄色い丸印がつけられていました(雪が降る中、墓地の端から端まで歩かねばならないことが判明して一瞬、目眩が・・・)。感謝。

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst


案内図の向かい側にあった、赤いガラス容器入りロウソクの販売機。カメラのシャッターを押したあとは素早く手袋をしないと指が動かなくなるほどの寒さだったので、小銭を取り出して投入、は無理でした。夏シーズンに来ることがあれば、そのときには買ってみます。

2013年ミュンヘン Friedhof am Perlacher Forst

ということで、遙か彼方にあるハンスたちのお墓を目指して歩き始めました。

写真が多いので分割します。続きは(2)で。


posted by くみ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュンヘン 2013年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。