2014年08月05日

迫害に立ち向かったユダヤ人教師

BS世界のドキュメンタリー 「迫害に立ち向かったユダヤ人教師」
2014/8/13 水曜深夜(14日木曜)00:00〜00:50 BS1
再放送2014/8/23(土) 15:00〜15:50 BS1
NHK BSオンラインより:
ヒトラーが急速に反ユダヤ政策を進めるなか、子どもたちに生き残るための教育を提供し続けたユダヤ人女性教師がいた。ナチス政権下で奇跡的にユダヤ人のための学校を設立し、子どもを救うために奔走したレオノラ・ゴールドシュミットの物語。
1934年、ベルリン。ユダヤ人への弾圧は教育の現場にも暗い影を落としていた。ユダヤ系の教師は公立学校から解雇され、反ユダヤ主義が国の基本方針として公然と教えられるようになっていた。ドイツ人として社会に溶け込んでいたユダヤ系の子どもたちは、激しい人種差別によって行き場をなくしてしまう。
職を失った教員レオノラ・ゴールドシュミットは、子どもたちが学べる場所を確保しようと決意。さまざまな手を尽くし、持ち前の機転で学校の開設にこぎつけることができた。ユダヤ人が生き残る術は国外脱出しかなくなると予想していたレオノラは、あらゆる手段を使って学校と生徒たちを迫害から守り、彼らに未来を切り開く術を与えようと奮闘する。
ユダヤ人生徒に夢と希望を与えたゴールドシュミットスクール。生き残った生徒たちのインタビュ−、貴重な記録映像、再現ドラマによって、当時の様子が浮かび上がる。

制作:Story House Productions(ドイツ 2012年)
Eテレのこの番組と同じもののようですね。
posted by くみ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。