2014年08月11日

シリーズ ノルマンディー上陸作戦

BS世界のドキュメンタリー「シリーズ ノルマンディー上陸作戦」

D-Day 壮絶なる戦い 前・後編
1944年6月6日、米英を中心とした連合軍は、ナチス・ドイツの占領下にある西ヨーロッパ奪還を目指しフランス本土に侵攻した。300万人近い兵員がドーバー海峡を渡った上陸作戦は、ヨーロッパでの第二次世界大戦の行方を決定づけた。当時、英国軍が偵察撮影した沿岸部の航空写真から、作戦がいかに困難かつ危険なものだったかを検証。D-dayに参加した英米の退役軍人の証言を交え「史上最大の作戦」の全体像を見る。
前編 2014/8/18 月曜深夜(19日火曜)00:00〜00:50 BS1
後編 2014/8/19 火曜深夜(20日水曜)00:00〜00:50 BS1

海底調査でよみがえるD-Day 前・後編
ノルマンディー上陸作戦の現場となった沿岸の海には、第二次大戦当時ドイツ軍の機雷によって沈められた連合国の輸送船や兵器が今も眠っている。国際チームは、連合軍が上陸した5つの地点を含む500平方キロメートルを探査。海底に残る兵器などの詳細を3Dで“復元”しようと試みた。これまで語られることのなかった「もうひとつのノルマンディー作戦の記憶」が明らかになる。
前編 2014/8/20 水曜深夜(21日木曜)00:00〜00:50 BS1
後編 2014/8/21 木曜深夜(22日金曜)00:00〜00:50 BS1
NHK BSオンラインより:
D-Day 壮絶なる戦い 前編
ナチスはノルウェーからフランス南部まで、凡そ5千キロの沿岸の守りを固めていた。イギリスを中心とした連合軍は、1942年にナチス占領下のフランスに上陸作戦を決行していたが、5千人以上の犠牲者を出して失敗に終わっていた。この苦い経験から、連合軍は2年をかけて作戦を計画していく。中でも、偵察飛行によって沿岸部の敵陣を徹底的に撮影していた。このとき、写真の分析には、航空写真を二枚重ね合わせ、特殊なメガネを用いて画像を立体的に捉えるという手法が導入される。そして、敵陣の配置や道路、橋、鉄道などの詳細を把握した結果、上陸ポイントはノルマンディーの海岸5カ所に絞り込まれた。同時に、空挺部隊、レンジャー部隊などが新たに組織され、空と海から同時に上陸作戦を決行するための厳しい訓練が行われる。

D-Day 壮絶なる戦い 後編
1944年6月6日未明、ノルマンディーに最初に到着したのは180名の兵士を運ぶイギリス軍のグライダーとパラシュート隊だった。海からおよそ6キロ離れた地点に着陸し、短時間で攻守の要となるコードネーム「ペガサス」とした橋の奪取に成功。
一方、「オマハ」ビーチに上陸したアメリカ軍は、海岸を見下ろす崖の上を拠点とするナチスの猛烈な攻撃に遭い、数千名の死傷者を出しながらも内陸へと向かう。

原題:Last Heroes of D-Day
制作:BBC (イギリス 2013年)


海底調査でよみがえるD-Day 前編
大規模な陸海空軍共同作戦となったノルマンディー上陸作戦。25万の将兵と7千隻の艦艇を投入したナチス占領下のフランスへの侵攻は、第二次世界大戦の勝敗を決定づけた。
現在のノルマンディー沿岸には、当時の戦いを偲ぶ陣地跡、墓地、メモリアルなどが存在している。しかし、海中にはこれまで知りえなかった“作戦の記憶”が眠っている。ナチスの激しい反撃の中、連合軍の船団は夥しい数の兵士を海岸に運び、戦車や補給用車両をも輸送したが、ドイツ軍の機雷によって沈められた船も多い。ノルマンディー沖には今もそれらの船や武器が眠っているのだ。
今回、英・米・カナダ軍が上陸した5つの地点を含む500平方キロメートルの海底探査が初めて行われた。国際チームは、水中撮影ロボットや潜水艇を駆使してわずか2週間で300におよぶ戦争の名残を発見。高感度ソナーはそのひとつひとつを驚くほど正確に映像化していく。
作戦に参加した兵士のインタビューを交え、「ルマンディー作戦の記憶」を海底から掘り起こす。

海底調査でよみがえるD-Day 後編
ノルマンディー沿岸部の突破に成功した連合軍は、大規模な人工港湾を建設。さらに内陸に攻め入るために大量の物資と兵士の効率的な供給を行っていた。後編では、連合軍の生命線となったマルベリー仮設港を、当時の写真や設計図をもとに3D映像でよみがえらせる試みを追う。

原題:D-Day: The Underwater Quest
制作:MC4 / LCL (フランス 2014年)
posted by くみ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。