2015年03月30日

アウシュヴィッツに生きたM・コシチェルニャック展 東京・早稲田

 ホロコーストの事実を伝える写真の多くは、加害者であるナチスが撮影したものである。コシチェルニャックら何人かの収容者たちは、見つかれば殺されるのを覚悟で収容所の実態を描いた。その絵は、単に悲惨さを描いたものでなく、地獄のような場にあっても、消し去ることのできない人間の尊厳と創造の喜びを伝えている。コシチェルニャック夫人は、「次の世代に二度と同じ過ちを繰り返してほしくないという亡夫のメッセージを日本の人に・・・」と、絵画19点を野村路子氏(作家・早稲田大学卒)に託した。これらは野村氏のもとで、大切に保管されてきた。戦争終結から70年の今年、野村氏は画家の故国であるポーランドに絵画を帰らせたいと寄贈することを決めたが、その前に日本の若い世代に見て、知ってもらいたいとの願いから、早稲田大学にて展覧会・シンポジウムを開催することになった。貴方は、アウシュヴィッツから何を学ぶか−コシチェルニャックが命がけで描き残した絵から聞こえる声に耳を傾けていただければ幸いである。

【プロフィール】
ミェチスワフ・コシチェルニャック
1912年ポーランド生まれ。美術アカデミー卒業後、絵画制作に励んでいたが、開設直後のアウシュヴィッツへ送られた。日常的な暴虐と殺戮の事実を伝えなければと、解放後もずっと真実を描き続け、初代アウシュビッツ博物館館長を務め、'93年に没。
会期: 2015年3月24日(火)〜4月23日(木)
会場: 125記念室
時間: 10:00〜18:00
閉室日:日曜・祝日
主催: ポーランド広報文化センター、駐日ポーランド共和国大使館、早稲田大学
協力: 野村路子


関連イベント:
シンポジウム『「アウシュヴィッツ』は今、私たちに何を語るか 」
日時: 2015年4月18日(土)13:00〜17:30
会場: 早稲田大学戸山キャンパス36号館382教室
パネリスト:武井彩佳(学習院女子大学国際文化交流学部准教授)
      古矢晋一(早稲田大学・慶應義塾大学 非常勤講師)
      宮崎悠(北海道教育大学教育学部国際地域学科専任講師)
コーディネーター:大内宏一(早稲田大学文学学術院教授)
定員: 先着250名
参加費:無料
posted by くみ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。