2015年11月08日

ETV特集『それはホロコーストの"リハーサル"だった』

ETV特集『それはホロコーストの"リハーサル"だった 〜障害者虐殺70年目の真実〜』

2015/11/7 土曜23:00〜24:00 Eテレ
2015/11/13 金曜24:00(14日土曜0:00)〜25:00 Eテレ(再放送)
NHKオンライン:ETV特集
600万人以上のユダヤ人犠牲者を出し、「人類史上、最大の悲劇」として語り継がれてきたナチス・ドイツによるホロコースト。しかし、ユダヤ人大虐殺の前段に、いわば“リハーサル”として、およそ20万人ものドイツ人の精神障害者や知的障害者、回復の見込みがないとされた病人たちがガス室などで殺害されたことについては、表だって語られてこなかった。
 終戦から70年もの年月がたった今、ようやく事実に向き合う動きが始まっている。きっかけの一つは5年前、ドイツ精神医学精神療法神経学会が長年の沈黙を破り、過去に患者の殺害に大きく関わったとして謝罪したこと。学会は事実究明のために専門家を入れた国際委員会を設置、いかにして医師たちが“自発的に”殺人に関わるようになったのかなどを報告書にまとめ、この秋発表する。
 番組では、こうした暗い歴史を背負う現場を、日本の障害者運動をリードしてきた藤井克徳さん(自身は視覚障害)が訪ねる。ホロコーストの“リハーサル”はどうして起きたのか、そして止めようとする人たちはいなかったのか・・・。
 資料や遺族の証言などから、時空を超えていま、問いかけられていることを考える。
過去の関連番組:
Eテレ ハートネットTV「シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ナチスから迫害された障害者たち」
(1)20万人の大虐殺はなぜ起きたのか」
(2)ある視覚障害者の抵抗
(3)命の選別を繰り返さないために
posted by くみ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。