2005年06月15日

映像の新しい地平−Horizonte 2005(京都)

ドイツ年特別編

2002年/2003年のベルリン映画祭に上映された作品を、京都ドイツ文化センターと京都府京都文化博物館の共催により上映。

期間: 2005年6月30日(木)〜7月3日(日)
場所: 京都府京都文化博物館3階映像ホール
上映: すべて13時30分と17時の2回上映
入場料: 500円

以前ご紹介した期間よりも短くなったようです。作品も少なくなっています。
この後、11月に大阪でドイツ映画祭特別版が開催されるようです。予定は20作品。


posted by くみ at 23:26| Comment(3) | TrackBack(1) | 企画展、映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>くみさん

京都に行く準備をしようとしてた矢先にこのニュース。もうガッカリしました(涙)。11月大阪を気長に待つつもりです。

白バラの展示も長崎に来るようで、あまり遠出しなくて済むのでよかったですわー。
Posted by なお at 2005年06月17日 01:40
はじめまして。

ドイツ映画際は東京で開催されたため、大阪に住んでいる私は見に行けず悔しい思いをしました。ですが大阪でも11月まで待てば開催されるんですね。20作品上映されるなら、ゾフィーの映画も含まれている可能性は高いですし、とてもうれしいです。

情報ありがとうございます。
Posted by 雨だれ at 2005年06月18日 15:29
なおさん、こんにちは。11月の大阪まで期待はずれにならないといいのですが(今回の上映作品にケチ付けてるわけではないので!私となおさんにとって、です>関係者様)。
白バラ展の巡回日程に長崎があったのをみて、なおさんも見に行ける、と思いました。

雨だれさん、はじめまして。
ドイツ映画祭@大阪は私もとても嬉しいです。「ゾフィー・ショル−最期の日々」が上映されますように。日本未公開の「9日目」などもよかったですよ。私もまた行ってしまうかもしれません。
Posted by くみ at 2005年06月19日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

SCHOCK!!
Excerpt: 6月9日で「ロック」の日。ナンダカンダで音楽漬けの日々を過ごしてきたアチキ。げげ...
Weblog: アチキの毎日
Tracked: 2005-06-16 09:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。