2008年05月21日

映画(2008年6月)

2008/6/12(木) 0:45〜2:58(11日深夜) NHK BS-2
衛星映画劇場『ルシアンの青春』

NHK BSオンラインより:
第二次大戦末期のフランスの小さな町を舞台に、はからずもナチスの協力者となってしまった17才の少年の悲劇的な運命を描く。家を奪われ、父もドイツ軍に捕らえられたことから、レジスタンスに加わろうとしたルシアンだったが、年齢を理由に断られる。やがて彼はゲシュタポの手先となり、レジスタンス運動を妨害する側となるが、一人のユダヤ人少女との出会いが彼を目覚めさせる。アカデミー外国語映画賞ノミネート作。

原題:LACOMBE LUCIEN
監督・脚本:ルイ・マル/脚本:パトリック・モディアノ/出演:ピエール・ブレーズ、オーロール・クレマン、ホルガー・ローヴェンアドラー、他/仏・伊・西独1974


2008/6/25(水) 0:55〜2:28(24日深夜) NHK BS-2
衛星映画劇場『バティニョールおじさん』

NHK BSオンラインより:
ユダヤ人迫害政策を進めるナチス支配下のフランスを舞台に、ユダヤ人の子供を命がけで守る中年男をユーモラスに描いたヒューマン・ドラマ。肉屋の主人、バティニョールの娘むこの密告で隣家のユダヤ人一家が強制収容所に連行された。ただ一人難を逃れた一家の息子、シモンをかくまったバティニョールは、やがて決死の行動に出る。監督・主演は「コーラス」で子供たちを温かく指導する音楽教師を演じたジェラール・ジュニョー。

原題:MONSIEUR BATIGNOLE
監督・脚本:ジェラール・ジュニョー/脚本:フィリップ・ロペス・キュルヴァル/出演:ジェラール・ジュニョー、ジュール・シトリュク、ミシェル・ガルシア、他/仏2002


二作とも白バラ図書館(映画)に入れてあります。

6月はドイツ絡みの作品が他にもいくつか。『グッバイ、レーニン!』、『マーサの幸せレシピ』、マレーネ・ディートリッヒのハリウッド・デビュー作『モロッコ』など。
お久しぶりです。
3ヶ月ほどblog更新をサボってました。ギロチンの記事で止まるのは避けたかったのですが、結局こういうことに。今後は、せめて月に一度は更新することを目標にがんばろうと思います。


posted by くみ at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文章を書くのがお得意のようですね。
ふわーっと、勉強させていただきます。
Posted by PC大好き at 2008年05月22日 01:09
PC大好きさん、こんにちは。
このblogは紹介記事がほとんどでこのTV情報もNHKサイトのコピー&ペーストです。引用タグ入れ忘れてましたので修正しました。オリジナルな文章は少ないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。
Posted by くみ at 2008年05月23日 01:36

くみさん、こんばんは。
番組をご紹介します。
7月8日夜9時に『カウラ捕虜収容所からの大脱走』が放送されます。
これは1944年8月5日未明にオーストラリアのカウラ日本兵捕虜収容所で、日本兵が死ぬために脱走した事件です。国内で初映像化されるもので、出来に不安はあるものの、放送される意義は小さくないと思っています。
もし日本の戦争にも興味をお持ちでしたら、ご覧になってみてはいかがですか。
Posted by グスタフ飯沼 at 2008年06月08日 00:59
グスタフ飯沼さん、レス遅くなってすみません。
ご紹介いただいた放送を見ることはできませんでしたが、近いうちにまたNHK-BSの映画情報UPします。(このblogは戦争映画にこだわっているわけではなく、「20世紀前半のドイツに関係するもの」をテーマにしています。)
Posted by くみ at 2008年08月26日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。