2006年06月25日

Edelweisspiraten

監督: ニーコ・フォン・グラーゾウ Niko von Glasow
脚本: Kiki von Glasow
出演: Bela B. Felsenheimer、Jochen Nickel、Anna Thalbach、Jan Decleir、Iwan Stebunow
製作国:ドイツ/2005
上映時間:97分

ドイツ映画祭2005のパンフレットのエッセイには、この『エーデルヴァイスピラーテン』について「ケルンの若者による抵抗運動を関係者の証言から映画化した」作品、とありました。独公式サイトの内容をみると(ドイツ語はわからないですけど単語から)、やはり史実ベースの映画のようです。

2007年5月2日追記:
『ラストデイズ・オブ・サードエンパイア』のタイトルでDVDが発売されます。オフィシャルでみたパッケージ画像によると「第三帝国最後の日々」という副題がついているようです。「エーデルワイス海賊」が入っていないので、史実やオリジナル独映画を知っている人には判りにくいかも知れませんね。アメリカ製の戦争アクション映画と思ってしまいそう。
■2007年5月3日(木)DVD発売
製作国:ドイツ、スイス、オランダ 2004年/カラー/本編97分/日本語字幕、日本語吹き替え/特典映像:予告編

エーデルヴァイス海賊団について
posted by くみ at 02:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画(公開未定) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

Rosenstrasse

2003年第60回ベネチア映画祭女優賞(カーチャ・リーマン)受賞

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタMargarethe von Trotta
脚本:Pamela Katz、マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演:カーチャ・リーマンKatja Riemann、マリア・シュラーダーMaria Schrader、Martin Feifel、ユルゲン・フォーゲルJürgen Vogel他
製作国:ドイツ、オランダ/2003
上映時間:136分

1943年2月末から3月上旬にかけてベルリンで起きた「ローゼンシュトラーセ事件」を扱った作品。ストーリーはフィクションのようです。

2009年1月11日追記:
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンよりDVD化。
『ローゼンシュトラッセ』2008年11月13日発売:
http://www.universalpictures.jp/rosenstrasse/catalog_item_sell.html
ユダヤ人少女ルートの母親役をレナ・シュトルツェLena Stolze(『白バラは死なず』ゾフィー・ショル役)が演じています。
物語(DVDパッケージより):
現代のニューヨーク。父の死後、ハナ(マリア・シュラーダー)の母ルートは不可解な行動をとるようになる。特に信心深くはなかった彼女が、突然ユダヤ教の習慣に従って喪に服しはじめたのだ。ハナは母の幼年期に興味を持ち、ナチス占領下のドイツから母の亡命を助けた女性レナと会うことにする。ベルリンに赴いたハナは、今は老女となったレナから、市内のローゼン通りにあったユダヤ人仮収容所で若き日のレナ(カーチャ・リーマン)と母ルートの身に起きた、耐え難い非情な出来事について教えられる。
アーリア人とユダヤ人の”異人種間結婚”をテーマに、ドイツの女流監督マルガレーテ・フォン・トロッタ(「鉛の時代」)が時刻の悲劇、第2次世界大戦下の人種民族差別によって翻弄された女性たちのドラマを、丁寧な筆致で力強く浮き彫りにする。

ローゼンシュトラーセ事件:
posted by くみ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(公開未定) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

Der neunte Tag

監督: フォルカー・シュレンドルフ
脚本: エーバーハルト・ゲルナー、アンドレアス・プフリューガー
    (ジャン・ベルナルトの"Pfarrerblock 25487"に基づく)
出演: ウルリヒ・マッテスUlrich Matthes、アウグスト・ディール、他
製作国:ドイツ、ルクセンブルク、チェコ/2004
上映時間:91分
独公式サイト: http://www.derneuntetag.de/

『ブリキの太鼓』、『魔王』のフォルカー・シュレンドルフ監督作品。主演のUlrich Matthesは『ヒトラー 最期の12日間』でゲッベルス役を演じています。

日本では未公開ですがドイツ映画祭2005 映像の新しい地平 特別編において『9日目』という日本語タイトルで上映されました。(上映日:2005年6月9日(木)/12日(日))

ドイツ映画祭公式サイト「works」より:
かつて『ブリキの太鼓』でアカデミー外国語映画賞に輝いた巨匠シュレンドルフが、実在した司祭の日記を元に構成した緊迫感あふれるドラマ。ナチ時代、ダッハウの収容所に入れられていたルクセンブルクの司祭アンリは、とつぜん九日間の郷里への「休暇」を許される。それは彼に、ナチとの交渉に応じるように司教を説得させるためであった。収容所の仲間や家族の生死が賭かった厳しい議論が、彼とゲシュタポの責任者とのあいだで展開される……。ベルンハルト・ヴィッキ賞受賞。

【memo】
 ドイツ映画祭2005 映像の新しい地平 特別編
 会期:2005年6月4日(土)〜12日(日)
 会場:有楽町朝日ホール
 主催:朝日新聞社、ドイツ映画輸出協会、東京ドイツ文化センター

2012年5月1日追記:
アメイジングD.C.よりDVDが発売されました。タイトルは『9日目』。「ヒトラーに捧げる祈り」という副題が付いています。
■2012年3月2日 DVD発売
製作国:ドイツ、ルクセンブルク、チェコ 2004年/本編91分/ドイツ語、日本語字幕/映像特典:予告編
posted by くみ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(公開未定) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

Napola - Elite für den Führer

監督: Dennis Gansel
脚本: Dennis Gansel、Maggie Peren
出演: Max Riemelt、Tom Schilling、Devid Striesow、他
製作国:ドイツ/2004

1942年のナチ・エリート養成学校NAPOLA(Nationalpolitischen Erziehungsanstalt)が舞台。

2006年7月16日追記:
ドイツ映画祭2006の会場でDVD発売のチラシを見つけました。

060716c.JPG

2006年9月22日(金)DVD発売
品番:REDV-00517 2004年/ドイツ/カラー/本編110分/片面・1層(複製不能)/16:9ビスタサイズ/音声:Lドイツ語(オリジナル)ドルビーステレオ/日本語字幕
posted by くみ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(公開未定) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする