2007年02月01日

衛星映画劇場(2月)

2007/2/8(木) 21:00〜22:57 NHK BS-2
『ライフ・イズ・ビューティフル』

NHK BSオンラインより:
アカデミー賞で主演男優賞など3部門を受賞し、世界各国の映画祭で数々の賞を受賞した感動作。ユダヤ系イタリア人のグイドはトスカーナに移り住み、そこで美しい女性と出会う。彼女と結婚して子供をもうけ幸せな家庭を築いていた矢先、ナチスによって家族は強制収容所へ。収容所で父は幼い息子を悲しませまいと、「これはゲームだ」と言って過酷な日常の中でも笑わせることを忘れず、生きる希望を与えつづける。

原題:LA VITA E BELLA
監督:ロベルト・ベニーニ/脚本:R・ベニーニ、ビンチェンツォ・チェラーミ/出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、他/伊1998


2007/2/12(月) 21:00〜22:44 NHK BS-2
『カサブランカ』

NHK BSオンラインより:
第二次大戦下、身を焦がすような恋に落ちながらも引き裂かれた男女の愛を描いた往年のメロドラマの傑作。ヨーロッパを逃れアメリカへ渡ろうとする亡命者たちが集まるカサブランカで酒場を営むリックのもとへ、かつての恋人が抵抗運動の指導者である夫とともに現れ・・・。ボガートのダンディズム、バーグマンの美しさが光る。アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞受賞。

原題:CASABLANCA
監督:マイケル・カーティス/脚本:ジュリアス・J・エプスタイン、フィリップ・G・エプスタイン、ハワード・コッチ/出演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・ヘンリード、他/米1942


2007/2/14(水) 21:00〜22:23 NHK BS-2
『禁じられた遊び』
NHK BSオンラインより:

戦後のフランス映画界を代表する名匠ルネ・クレマン監督が戦争の悲劇を描いた名作。第2次世界大戦中、南フランスの田舎で戦闘機によって両親と飼い犬を殺された少女は、さまよううちに農家の少年と出会い、彼の家で暮らすことになる。2人は死んだ犬の墓を作ったことがきっかけで、死んだ虫や動物を埋めてお墓をつくっていくが・・・。ナルシソ・イエペスのギターが奏でる音楽も有名。アカデミー名誉(外国語映画)賞受賞。

原題:JEUX INTERDITS
監督:ルネ・クレマン/脚本:ルネ・クレマン、ジャン・オーランシュ、ピエール・ボスト/出演:ブリジット・フォッセー、ジョルジュ・プージュリー、ジャック・マラン、他/仏1952


2007/2/22(木) 13:00〜15:91 NHK BS-2
『ラインの仮橋』

NHK BSオンラインより:
敵対するフランスとドイツの間でほんろうされる人々の生きざまを、両国の間を流れるライン川に架けられた仮橋を通して描いたヒューマン・ドラマ。第二次世界大戦下、ドイツ軍の捕虜となった二人のフランス青年が、ラインの仮橋で出会う。一人は実直なパン屋であり、一人はやり手の新聞記者。捕らわれの身となった二人はともに、ドイツの農村で働くことになったが・・・。

原題:LE PASSAGE DU RHIN
監督:アンドレ・カイヤット/脚本:アンドレ・カイヤット、アルマン・ジャモー、パスカル・ジャルダン/出演:シャルル・アズナブール、ニコール・クールセル、ジョルジュ・リビエール、他/仏・西独・伊1960


2007/2/26(月) 13:00〜15:15 NHK BS-2
『西部戦線異状なし』

NHK BSオンラインより:
ドイツ軍兵士として第一次大戦に参戦した体験をもとに描かれたエリッヒ・マリア・レマルクの世界的ベストセラー小説の映画化。愛国精神を胸に志願兵となり、厳しい訓練を経て最前線に送られ、命がいとも簡単に消えていく悲惨な現実を味わい死んでいった一人の若い兵士の姿を通して、戦争の無意味さを描いた反戦映画の古典的名作。初公開時にはカットされた反戦的なシーンなどが追加された完全版。アカデミー作品賞、監督賞受賞。

原題:ALL QUIET ON THE WESTER FRONT
監督:ルイス・マイルストン/脚本:マックスウェル・アンダーソン、デル・アンドリュース、ジョージ・アボット/出演:ルー・エアーズ、ルイス・ウォルハイム、ウィリアム・ベイクウェル、他/米1930
posted by くみ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

衛星映画劇場(年末年始)

2007/1/4(木) 13:00〜14:55 NHK BS-2
『飛ぶ教室』


NHK BSオンラインより:
ドイツの児童文学家エーリッヒ・ケストナーの代表作を映像化、少年たちの友情と反骨精神を盛り込んだファンタジックなファミリー・ドラマ。学校嫌いの少年ヨナタンは何度も転校を繰り返し、今度はライプチヒの寄宿学校にやってきた。そこで出会ったのは個性的な仲間たち、そして理解ある先生。はじめて学校生活に溶け込むことができたヨナタンは、仲間とともにクリスマス劇を上演しようとするのだが…。

原題:DAS FLIEGENDE KLASSENZIMMER
監督:トミー・ヴィガント/脚本:ウッシー・ライヒ、ヘンリエッテ・ピーパー、フランツィスカ・ブッフ/出演:ハウケ・ディーカンフ、テレザ・ウィルスマイヤー、フレデリック・ラウ、他/独2003
日本公式サイト:http://www.mediasuits.co.jp/tobu/index.html


2007/1/5(金)  0:40〜 2:19(4日深夜) NHK BS-2
『ぼくの神様』


NHK BSオンラインより:
「シックス・センス」で名子役としてスターの仲間入りを果たしたハーレイ・ジョエル・オスメント主演の感動作。ナチスによるユダヤ人強制連行から逃れるため、ポーランドの小さな村にやってきた11歳の少年ロメック。彼はそこで、さまざまな境遇の友達と出会い、ユダヤ人であることを隠すため、カトリックの教会に通うようになる。ロメックは美しい自然に囲まれ、すばらしい友情を手に入れるが、悲しい運命にほんろうされる。

原題:EDGES OF THE LOAD
監督・脚本:ユレク・ボガエヴィッチ/出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント、リアム・ヘス、リチャード・バーネル、ウィレム・デフォー、他/米2001


2007/1/5(金) 13:00〜14:48 NHK BS-2
『エーミールと探偵たち』


NHK BSオンラインより:
児童文学の巨匠ケストナーの小説を現代風にアレンジして映画化。これが長編第二作目となるフランツィスカ・ブッフ監督が、ハラハラドキドキのファミリー・アドベンチャーに仕上げている。少年エーミールは父親と二人暮らし。その父親が交通事故で入院してしまい、彼はしばらくベルリンで暮らすことになった。ベルリンに向かう列車の中で大金をだまし取られたエーミールは、「探偵団」を名のる子供たちと出会う。

原題:EMIL UND DIE DETEKTIVE
監督・脚本:フランツィスカ・ブッフ/出演:トビアス・レツラフ、アンニャ・ゾマヴィラ、ユーゲン・フォーゲル、他/独2001
配給会社の作品紹介ページ


2007/1/5(金) 14:50〜16:29 NHK BS-2
『ふたりのロッテ』(日本語吹き替え)


NHK BSオンラインより:
1949年にベルリンで出版され、現在までに34か国で560万部の大ベストセラーとなっているケストナーの人気小説をドイツ本国で映画化。サマースクールで偶然出会った二人の少女。おてんばのシャルロッテとおしとやかなルイーズはお互いがあまりに似ているのにビックリ。それもそのはず、二人は双子だったのだ。やがて二人はパパとママを仲直りさせようと計略をめぐらす。

原題:CHARLIE&LOUISE:DAS DOPPELTE LOTTCHEN
監督:ヨゼフ・フィルスマイヤー/脚本:シュテファン・ラインハルト、クラウス・リヒター/出演:フリッチ・アイヒホルン、フロリアンネ・アイヒホルン、コリンナ・ハルフォウフ、他/独1994
posted by くみ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

FMシアター『カレーソーセージ』

2006/9/16(土) 22:00〜22:50 NHK-FM
FMシアター シリーズ・ドイツの現代文学『カレーソーセージ』

NHK オーディオドラマより:
ドイツ庶民の味カレーソーセージ。「僕」がその発見者だと信じている女性を訪ねて老人ホームへ。彼女は長い間最高のカレーソーセージを屋台で出していたからだ。もう惚けてしまったかと思ったが、急に、一見何の関係もなさそうな彼女の戦争末期の話が始まった……。物資のない時代。そして若い敗残兵との出会い。「味覚が人生を変える」というドイツ庶民の戦争秘話のドラマ化。

原作:ウーヴェ・ティム
訳:浅井晶子
脚色:原田裕文/演出:真銅健嗣/出演:根岸季衣、萩野崇、たかお鷹、山本竜二、鈴木一功、山内慶太郎、山口千晴、鯨井優穂
posted by くみ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

FMシアター『友情』

2006/9/9(土) 22:00〜22:50 NHK-FM
FMシアター シリーズ・ドイツの現代文学『友情』

NHK オーディオドラマより:
1932年、 戦前のドイツ南部のシュツットガルトにあるギムナジウム(小学校卒業後に入る中等教育機関)で、16歳のユダヤ人の少年ハンスは貴族の美少年コンラディンに出会う。それまで無気力だったハンスは、勉強スポーツと頑張り、ついにはコンラディンとの友情を勝ち得た。甘酸っぱい青年らしい二人の交流。だが二人の友情にナチスが亀裂を生み出し始めた…。青年期に差し掛かる少年たちを瑞々しくも悲しく描く友情物語。

原作:フレッド・ウルマン
訳:清水徹、清水美智子
脚色:佐藤久美子/演出:川野秀昭/出演:石田法嗣、成瀬誠、山路和弘、他


放送日当日の記事ですみません。そして、原作はまだ「白バラ図書館(その他)」に加えてません。今月中には更新したいです。
それから、大変遅くなりましたが、ドイツ映画祭の記事に短編映画の内容をUP致しました。
posted by くみ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

FMシアター『黙って行かせて』

2006/9/2(土) 22:00〜22:50 NHK-FM
FMシアター シリーズ・ドイツの現代文学『黙って行かせて』

NHK オーディオドラマより:
「あなたを憎むことはできないわ。ただ愛せないだけ…。」娘が4歳の時、母は家を出た。アウシュヴィッツで看守になるために。それから57年後、娘ヘルガは母と再会する。90歳を超えた母は、ヒトラーへの敬愛もユダヤ人への憎しみもそのまま持ち続けていた・・・。「ナチ女」の娘であることを克服するためだけではなく、歴史の真実に向き合うために、徹底的に母の過去を追究する娘の勇気と切なさが熱く胸を打つ。

原作:ヘルガ・シュナイダー
訳:高島市子、足立ラーベ加代
脚色:横山玲子/演出:保科義久/出演:樫山文枝、南風洋子、山口果林、入江杏子、岸昌代、島美弥子、多田野曜平、落合弘治、黒葛原未有


ラジオ番組を紹介するカテゴリを作成していないため「TV」にしてありますが、NHK−FMのラジオ放送です。
白バラ図書館(その他)でも原作を紹介しています。この『FMシアター』では、9月は「シリーズ・ドイツの現代文学」とされていて、この後もドイツ(を舞台にした)小説が原作のドラマが放送される予定です。「20世紀前半のドイツ」に関係する作品がありますので放送予定日が近くなりましたら個別にUP致します。

続きを読む
posted by くみ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

世界遺産 アウシュヴィッツ強制収容所

2006/8/27(日) 23:30〜24:00 TBS
世界遺産『アウシュヴィッツ強制収容所』

番組公式サイトより:
「負の遺産」として守り続けなければならない「アウシュヴィッツ強制収容所」。それは私たちに何を訴えかけているのか。堀江ディレクターの目からみた「アウシュヴィッツ強制収容所」をご覧下さい。
posted by くみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ドレスデン大空襲(再)

2006/7/29(土) 15:10〜17:00 NHK BS-1
BS世界のドキュメンタリー『ドレスデン大空襲  前・後編』

NHK 番組表より:
第二次世界大戦末期の1945年2月13日と翌14日、ドイツ東部の古都ドレスデンに対し、連合軍による大規模な空襲が行われた。当番組は、ドレスデンを文字通り壊滅させたこの空襲を当事者のインタビューと再現ドラマで綴ったドキュメンタリードラマである。地上や地下を逃げ惑い九死に一生を得た人々の証言と、上空から爆弾を投下した元爆撃隊員の証言、そしてリアルな再現映像を通じて、戦争の悲惨さを浮き彫りにする。

原題:The Drama of Dresden
制作:独/2005
posted by くみ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ドレスデン大空襲 前・後編

2006/7/23(日) 22:10〜24:00 NHK BS-1
BS世界のドキュメンタリー『ドレスデン大空襲 前・後編』

NHK BSオンラインより:
第二次世界大戦末期の1945年2月13日と翌14日、ドイツ東部の古都ドレスデンに対し、連合軍による大規模な空襲が行われた。当番組は、ドレスデンを文字通り壊滅させたこの空襲を当事者のインタビューと再現ドラマで綴ったドキュメンタリードラマである。地上や地下を逃げ惑い九死に一生を得た人々の証言と、上空から爆弾を投下した元爆撃隊員の証言、そしてリアルな再現映像を通じて、戦争の悲惨さを浮き彫りにする。

原題:The Drama of Dresden
制作:独/2005
posted by くみ at 00:19| Comment(3) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

衛星映画劇場

2006/7/5(水) 20:00〜21:57 NHK BS-2
『ライフ・イズ・ビューティフル』

NHK BSオンラインより:
アカデミー賞で主演男優賞など3部門を受賞し、世界各国の映画祭で数々の賞を受賞した感動作。ユダヤ系イタリア人のグイドはトスカーナに移り住み、そこで美しい女性と出会う。彼女と結婚して子供をもうけ幸せな家庭を築いていた矢先、ナチスによって家族は強制収容所へ。収容所で父は幼い息子を悲しませまいと、「これはゲームだ」と言って過酷な日常の中でも笑わせることを忘れず、生きる希望を与えつづける。

原題:LA VITA E BELLA
監督:ロベルト・ベニーニ/脚本:R・ベニーニ、ビンチェンツォ・チェラーミ/出演:ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ、他/伊1998

2006/7/7(金) 0:50〜2:19(6日深夜) NHK BS-2
『突撃』

NHK BSオンラインより:
鬼才スタンリー・キューブリックの長編第4作であり、彼の才能が広く世に認められた記念碑的作品。第一次大戦下におけるフランス歩兵連隊の悲劇を、軍隊組織の非人間性の中に描いた反戦映画。1915年9月の西部戦線。戦闘で疲れきったフランス軍701歩兵連隊に、ドイツ軍の要所を48時間以内に占拠せよとの命令が下る。それは自殺行為にも等しい無謀な作戦だったが、昇進をもくろむ指揮官は受諾してしまう。

原題:PATHS OF GLORY
監督:スタンリー・キューブリック/脚本:スタンリー・キューブリック、コールダー・ウィリンガム、ジム・トンプソン/出演:カーク・ダグラス、ラルフ・ミーカー、アドルフ・マンジュー、他/米1957
posted by くみ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

羊の啼(な)き声

2006/5/12(金) 0:56〜2:28(11日深夜) NHK BS-2
サンダンス・NHK国際映像作家賞特集 『羊の啼(な)き声』

NHK BSオンラインより:
前作「スローガン」が2001年東京国際映画祭東京グランプリを受賞したアルバニア出身のジェルジ・ジュヴァニ監督作。サンダンス・インスティテュートとNHKの協賛によるサンダンス・NHK国際映像作家賞支援で製作され、第二次大戦下のアルバニアの小さな町で実際にあった出来事をもとに、宗教も国籍も違う人々が生き抜くために一体となっていく様をユーモラスに描く。

原題:DEAR ENEMY
監督、脚本:ジェルジ・ジュヴァニ/出演:ンドリチム・ジェパ、ペーター・ローマイヤー、ルイザ・ジュヴァニ、他/アルバニア・仏・独2004
posted by くみ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

衛星映画劇場(ケストナー原作)

エーリッヒ・ケストナーの小説を映画化した作品(舞台は現代に設定)が3作、5/1〜5/3に放送されます。

2006/5/1(月) 15:00〜16:39 NHK BS-2
『ふたりのロッテ』

NHK BSオンラインより:
1949年にベルリンで出版され、現在までに34か国で560万部の大ベストセラーとなっているケストナーの人気小説をドイツ本国で映画化。サマースクールで偶然出会った二人の少女。おてんばのシャルロッテとおしとやかなルイーズはお互いがあまりに似ているのにビックリ。それもそのはず、二人は双子だったのだ。やがて二人はパパとママを仲直りさせようと計略をめぐらす。

原題:CHARLIE&LOUISE:DAS DOPPELTE LOTTCHEN
監督:ヨゼフ・フィルスマイヤー/脚本:シュテファン・ラインハルト、クラウス・リヒター/出演:フリッチ・アイヒホルン、フロリアンネ・アイヒホルン、コリンナ・ハルフォウフ、他/独1994


2006/5/2(火) 15:00〜16:48 NHK BS-2
『エーミールと探偵たち』

NHK BSオンラインより:
児童文学の巨匠ケストナーの小説を現代風にアレンジして映画化。これが長編第二作目となるフランツィスカ・ブッフ監督が、ハラハラドキドキのファミリー・アドベンチャーに仕上げている。少年エーミールは父親と二人暮らし。その父親が交通事故で入院してしまい、彼はしばらくベルリンで暮らすことになった。ベルリンに向かう列車の中で大金をだまし取られたエーミールは、「探偵団」を名のる子供たちと出会う。

原題:EMIL UND DIE DETEKTIVE
監督・脚本:フランツィスカ・ブッフ/出演:トビアス・レツラフ、アンニャ・ゾマヴィラ、ユーゲン・フォーゲル、他/独2001
配給会社の作品紹介ページ


2006/5/3(水) 15:00〜16:55 NHK BS-2
『飛ぶ教室』

NHK BSオンラインより:
ドイツの児童文学家エーリッヒ・ケストナーの代表作を映像化、少年たちの友情と反骨精神を盛り込んだファンタジックなファミリー・ドラマ。学校嫌いの少年ヨナタンは何度も転校を繰り返し、今度はライプチヒの寄宿学校にやってきた。そこで出会ったのは個性的な仲間たち、そして理解ある先生。はじめて学校生活に溶け込むことができたヨナタンは、仲間とともにクリスマス劇を上演しようとするのだが…。

原題:DAS FLIEGENDE KLASSENZIMMER
監督:トミー・ヴィガント/脚本:ウッシー・ライヒ、ヘンリエッテ・ピーパー、フランツィスカ・ブッフ/出演:ハウケ・ディーカンフ、ウルリヒ・ノエテン、セバスチャン・コッホ、ピート・クロッケ、他/独2003
日本公式サイト:http://www.mediasuits.co.jp/tobu/index.html


続きを読む
posted by くみ at 00:49| Comment(8) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

ラインの仮橋

2006/4/14(金) 14:40〜16:41 NHK BS-2
衛星映画劇場 『ラインの仮橋』

NHK BSオンラインより:
敵対するフランスとドイツの間でほんろうされる人々の生きざまを、両国の間を流れるライン川に架けられた仮橋を通して描いたヒューマン・ドラマ。第二次世界大戦下、ドイツ軍の捕虜となった二人のフランス青年が、ラインの仮橋で出会う。一人は実直なパン屋であり、一人はやり手の新聞記者。捕らわれの身となった二人はともに、ドイツの農村で働くことになったが・・・。

監督:アンドレ・カイヤット/脚本:アンドレ・カイヤット、アルマン・ジャモー、パスカル・ジャルダン/出演:シャルル・アズナブール、ニコール・クールセル、ジョルジュ・リビエール、他/仏・西独・伊1960
posted by くみ at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

BS世界のドキュメンタリー(再)

2006/3/19(日)21:10〜22:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 前編 ナチスとの出会い

2006/3/19(日)22:10〜23:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 後編 第2次大戦 そして敗北

Goebbel’s Experiment(原題)
制作:ドイツ/2005年
posted by くみ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

ミッドナイト映画劇場

地下水道
2006/2/28(火) 0:30〜 2:07(27日深夜) NHK BS-2

NHK BSオンラインより:
「灰とダイヤモンド」とともにポーランド映画の傑作と絶賛された名匠アンジェイ・ワイダの代表作。第二次大戦末期のワルシャワほう起における対独レジスタンスの戦いを、全編の3分の2を占める地下水道を舞台とした悲惨な極限状況の中に描き出す。当時、弱冠31歳だったワイダによるドキュメンタリー・タッチのリアルで冷徹な映像は圧巻。カンヌ映画祭審査員特別賞受賞。

監督:アンジェイ・ワイダ/原作・脚本:イェジー・ステファン・スタヴィンスキー/出演:ヴェニチスワフ・グリニスキー、タデウシュ・ヤンチャル、テレサ・イジェフスカ、他/ポーランド1957

白バラ図書館(映画)地下水道


灰とダイヤモンド
2006/3/1(水) 0:30〜 2:14(28日深夜) NHK BS-2

NHK BSオンラインより:
イエジー・アンジェイエフスキーの同名小説を、彼自身とA・ワイダ監督が共同で脚色し映画化。1945年、終戦直後のポーランド。ソ連軍下の新政府に反発する青年マチェクは、ソ連から来た共産党地区委員長の暗殺をはかるが、誤って別の男を殺してしまう・・・。青年の孤独な生と死を通して、戦後ポーランドがたどった過酷な運命を描いた、ワイダ監督による戦争3部作のうちの1つ。ベネチア映画祭国際批評家連盟賞受賞。

監督:アンジェイ・ワイダ/原作・脚本:イエジー・アンジェイエフスキー/出演:ズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジジェフスカ、アダム・パウリコフスキー、他/ポーランド1958

白バラ図書館(映画)灰とダイヤモンド
posted by くみ at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

NHK教育「ドイツ語会話」2006/2/15

NHK教育 ドイツ語会話

本放送: 2月15日(水)23:30〜23:55
再放送: 2月20日(月) 6:00〜 6:25

「ドイツ年レポート」のコーナーで日独合作で製作中の映画『バルトの楽園(がくえん)』が紹介されます。

「徳島県鳴門市に実在したドイツ人俘虜収容所」についてはこちらをどうぞ。
posted by くみ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

BS世界のドキュメンタリー(再)

BS世界のドキュメンタリー(再)
2006/1/24(火)10:10〜11:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 前編 ナチスとの出会い

2006/1/25(水)10:10〜11:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 後編 第2次大戦 そして敗北

Goebbel’s Experiment(原題)
制作:ドイツ/2005年


2006/1/27(金)10:10〜11:00 NHK-BS 1
証言・ヒトラーの最期

Death in the Bunker(原題)
制作:ドイツ/2005年


1月18日〜20日分の再放送です。
posted by くみ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

世界・わが心の旅(再)

2006/1/18(水)8:15〜9:00 NHK-BS2

世界・わが心の旅(再)「ポーランド 愛と死のアウシュヴィッツ」
評論家 草柳大蔵
posted by くみ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

BS世界のドキュメンタリー

2006/1/18(水)21:10〜22:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 前編 ナチスとの出会い
 
2006/1/19(木)21:10〜22:00 NHK-BS 1
 「メディア操作の天才・ゲッベルス」 後編 第2次大戦 そして敗北

BSオンラインより。
徹底したメディア支配でドイツ国民を「総力戦」に導いたナチス・ドイツの宣伝大臣ゲッベルス。戦後60年を機にドイツを代表する雑誌社シュピーゲルが制作したこの番組は、ゲッベルスが残した膨大な日記と映像をもとに、「世論操作の天才」の足跡を批判的に検証するドキュメンタリーである。前編は、失業への不満からナチスに入党したゲッベルスがその演説の才能を買われ宣伝大臣に就任するまで。後編は第2次世界大戦の勃発以降ゲッベルスがどのような手法を使って国民を全面戦争に駆り立てたのかをたどる。

Goebbel’s Experiment(原題)
制作:ドイツ/2005年


2006/1/20(金)21:10〜22:00 NHK-BS 1
「証言・ヒトラー最後の11日間」

BSオンラインより。
1945年4月30日ナチス・ドイツの指導者ヒトラーはソビエト軍に包囲された首都ベルリンで自殺した。これは元秘書や元副官など4人の目撃者の証言をもとに地下壕に潜んでいたヒトラーの人生最後の11日間に迫ったドキュメンタリーである。敗北を悟った瞬間や遺書の執筆の様子など極限状況の人間ドラマが、ソビエト軍によって撮影されたベルリン市街戦の映像とともに生々しく描かれる。

Death in the Bunker(原題)
制作:ドイツ/2005年


1月18日〜20日。年末年始をはさむので早めにUPしました。先日再放送された「アウシュビッツ」はBBC制作でしたが、こちらはドイツの番組のようです。
posted by くみ at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

再放送など

2005/12/14(水)8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ドイツ バウハウスからすべてはじまった」
デザイン評論家 柏木博

2005/12/18(日)17:20〜17:40 NHK-BS1
地球街角アングル「ベルリンのユダヤ人〜ドイツ」

2005/12/19(月) 8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ベルリン 自由という名の哀しみ」
俳優 三國連太郎

2005/12/21(水) 8:15〜 9:00 NHK-BS2
世界・わが心の旅「ドイツ 生と死をみつめる故国」
哲学者 アルフォンス・デーケン

2005/12/19(月)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/20 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(1)「大量虐殺への道」

2005/12/20(火)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/21 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(2)「死の工場」

2005/12/21(水)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/22 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(3)「収容所の番人たち」

2005/12/22(木)24:35〜25:20 NHK総合
(正確には12/23 0:35〜 1:20)
アウシュビッツ(4)「加速する殺戮」

2005/12/23(金)24:10〜24:55 NHK総合
(正確には12/24 0:10〜 0:55)
アウシュビッツ(5)「解放と復讐」


「わが心の旅」は本放送を見ていないので番組内容がこのサイトにあっているかどうかわかりません。ご参考までに。
posted by くみ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(2) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

大通りの店

2005/11/27(日) 0:40〜2:47(26日深夜) NHK-BS2

ミッドナイト映画劇場 『大通りの店』

BSオンラインより
第二次大戦下のスロバキア。ナチス・ドイツ軍によるユダヤ人の財産接収が進む中、ファシスト党の大物である義兄から命令され、ユダヤ人の年老いた寡婦が経営する店の管理人になったトーノ。ところが、彼女には状況がまったく理解できず、トーノをまるで息子のように扱う。やがてユダヤ人への迫害がますますひどくなり・・・。アカデミー外国語映画賞を受賞したほか、主演女優賞にもノミネートされた。

原題:OBCHOD NA KORZE
監督・脚本:ヤーン・カダール、エルマル・クロス
脚本:ラジスラフ・グロスマン
出演:イダ・カミンスカ、ヨゼフ・クロネル、ハナ・スリフコバー、他/チェコ・スロバキア1965

観たことがない作品ですが、時代はあっているので。
posted by くみ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。