2012年08月31日

舞台「白バラの祈り」2012年公演日程

劇団民藝のサイトが更新されていました。

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々
2012年公演日程: http://www.gekidanmingei.co.jp/2012whiterose.html
演出=高橋清祐

第二次世界大戦中のドイツでナチスの暴政に反旗を翻したミュンヘン大学の学生グループ。彼らは同じドイツ人でありながら、ナチ政権を倒すために「白バラ」と記された過激な反戦ビラを秘密裏に配布します。1943年、ついにゲシュタポに逮捕された学生たちの尋問にあたるモーアは、若い女性・ゾフィーに偽りの告白をさせようとします。しかし彼女は敢然と拒否するのでした……。

スタッフ
装置……深川絵美
照明……尾藤俊治
衣裳……金田正子
効果……岩田直行

キャスト
ゾフィー・ショル(女子大生)……桜井明美
ハンス・ショル(その兄・大学生)……みやざこ夏穂・吉岡扶敏
アレックス・シュモレル(大学生)……伊東理昭・伊藤 聡
クリス・プロープスト(大学生)……高野 大・平松敬綱
ヴィリー・グラフ(大学生)……和田啓作・岡山 甫・西部 守
ロベルト・モーア(ゲシュタポの尋問官)……西川 明
アントン・マーラー(ゲシュタポの捜査員)……三浦 威
バウアー(モーアの助手)……内田潤一郎
シュミット(ミュンヘン大学の用務員)……田口精一
ゲシュタポ……岡山 甫・西部 守
posted by くみ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

舞台「白バラの祈り」各地公演

劇団民藝の2012年上演作品リストに「各地公演」として白バラの祈りが載っていました。

2012年上演作品 劇団民藝: http://www.gekidanmingei.co.jp/joensaku.html

まだ公演日程は出ていませんが、ざっと検索したところ、いくつか情報が見つかりましたのでお知らせします。

2012/9/4(火) 豊川市 豊橋演劇鑑賞会 上演作品の紹介
2012/9/5(水) 豊川市
2012/9/6(木) 豊川市

2012/9/12(水) 名古屋市 名古屋演劇鑑賞会 これからの上演作品
2012/9/13(木) 名古屋市

2012/9/18(火) 伊勢市 伊勢市観光文化会館 公演カレンダー

2012/10/1(月) 魚津市 新川文化ホール イベントガイド

2012/10/5(金) 大垣市 劇団民藝ぎふ大垣地区後援会 2012年度の案内

「例会」となっているものがほとんどなので、もしかしたらチケットは各鑑賞会、後援会の会員限定発売なのかも知れません。詳しいことがわかりましたらまた情報UPします。
posted by くみ at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

舞台『白バラの祈り』観てきました

上演期間:2007年10月12日(金)〜10月24日(水)
劇場:  紀伊國屋サザンシアター
劇団民藝: 2007年劇団民藝公演『白バラの祈り』

ダブルキャストA公演を観てきました。
ゾフィーの尋問が中心ではありますが、白バラの活動も同時に見せていくので史実を詳しく知らない人にも学生たちの誰が推進役だったのか、1942年夏〜1943年2月までどのような活動や事件(謄写版印刷機入手、初期のビラ作成、ゾフィーの活動参加、各地へのビラ郵送・配布、ナチスによる女子学生侮辱演説とそれによる騒動、深夜の落書き)があったのかがわかるようになっていました。

劇団民藝のサイトにシュミット役の田口精一さんのインタビューがUPされています。直通はこちら「2007年劇団民藝公演『白バラの祈り』インタビューvol.2」
写真など
posted by くみ at 03:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

舞台『白バラの祈り』前売開始

上演期間:2007年10月12日(金)〜10月24日(水)
劇場:  紀伊國屋サザンシアター

劇団民藝: 2007年劇団民藝公演『白バラの祈り』
       (配役が一部変更になったそうです)

8月22日より前売開始です。
入場料:一般6,300円/学生3,150円(全席指定・消費税込)、ナイトチケット4,000円(夜公演のみ、後部席限定)。詳細は劇団民藝サイトでご確認ください。

また、同ページには『ミュンヒェンの白いばら』の著者山下公子さん(村上公子教授)とゾフィー・ショル役の桜井明美さんの対談がUPされています。直通はこちら「2007年劇団民藝公演『白バラの祈り』対談vol.1」。「vol.1」ということは第2弾もあるのでしょうか。楽しみですね。

桜井さんに関してはもうひとつ、web上でインタビュー記事を見つけたので貼っておきます。
『でじたる多摩人』 語る演劇人:「一生懸命」を脱ぎ捨てるとき 俳優 桜井明美さん
posted by くみ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

舞台「白バラの祈り」チラシ

劇団民藝さんからいただきました。
夏休みに入ったら紀伊國屋へ探しに行って自分で写真を撮ってUPするつもりだったのですが、今回はそのまま(※)使わせていただきます。

白バラチラシ.jpg

※重くならないよう、いただいたものを縮小しました。
posted by くみ at 12:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

舞台『白バラの祈り ゾフィーショル、最期の日々』

2007年劇団民藝・紀伊國屋書店提携
平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

上演期間:2007年10月12日(金)〜10月24日(水)
劇場:  紀伊國屋サザンシアター
作: リリアン・グローグ
訳: 吉原豊司
演出:高橋清祐
装置:深川絵美
照明:尾藤俊治
衣裳:金田正子
効果:岩田直行
舞台監督:内田喜三男
出演:桜井明美、みやざこ夏穂、吉岡扶敏、伊東理昭、伊藤 聡、 塩田泰久、平松敬綱、和田啓作、梶野 稔、西川 明、三浦 威、内田潤一郎、田口精一、酒井源司

劇団民藝: 2007年劇団民藝公演『白バラの祈り』
       044−987−7711(受付時間 月〜土 10:00〜18:00)


前売開始は8月22日(水)から。ハンス、アレックス、クリストフ、ヴィリー役はダブル・キャストだそうです(参照:劇団民藝サイトの東京公演日程・ダブルキャスト出演日)。
posted by くみ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

「白バラの祈り」上演情報

2007年10月に『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』が舞台化されるようです。

 リリアン・グローグ:作 吉原豊司:訳 高橋清祐:演出
 紀伊國屋サザンシアター
 出演:三浦威、西川明、桜井明美 他

劇団民藝: http://www.gekidanmingei.co.jp/
2007年上演作品: http://www.gekidanmingei.co.jp/2007.html

翻訳の吉原様より作品についてコメントをいただきました。
舞台版「白バラの祈り」は映画の舞台化ではないそうです。1991年と早い時期に書かれており、「映画版とは些か異なる視点からこの事件をとらえて」いるとのことです。
詳細が判り次第、またお知らせします。
続きを読む
posted by くみ at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。