2012年08月31日

舞台「白バラの祈り」2012年公演日程

劇団民藝のサイトが更新されていました。

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々
2012年公演日程: http://www.gekidanmingei.co.jp/2012whiterose.html
演出=高橋清祐

第二次世界大戦中のドイツでナチスの暴政に反旗を翻したミュンヘン大学の学生グループ。彼らは同じドイツ人でありながら、ナチ政権を倒すために「白バラ」と記された過激な反戦ビラを秘密裏に配布します。1943年、ついにゲシュタポに逮捕された学生たちの尋問にあたるモーアは、若い女性・ゾフィーに偽りの告白をさせようとします。しかし彼女は敢然と拒否するのでした……。

スタッフ
装置……深川絵美
照明……尾藤俊治
衣裳……金田正子
効果……岩田直行

キャスト
ゾフィー・ショル(女子大生)……桜井明美
ハンス・ショル(その兄・大学生)……みやざこ夏穂・吉岡扶敏
アレックス・シュモレル(大学生)……伊東理昭・伊藤 聡
クリス・プロープスト(大学生)……高野 大・平松敬綱
ヴィリー・グラフ(大学生)……和田啓作・岡山 甫・西部 守
ロベルト・モーア(ゲシュタポの尋問官)……西川 明
アントン・マーラー(ゲシュタポの捜査員)……三浦 威
バウアー(モーアの助手)……内田潤一郎
シュミット(ミュンヘン大学の用務員)……田口精一
ゲシュタポ……岡山 甫・西部 守
posted by くみ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」 第4回

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」
C苦悩の先にこそ光がある

2012/8/22(水)23:00〜23:24 Eテレ
 再放送 翌週水曜5:30〜5:54、12:25〜12:49

【ゲスト講師】 諸富祥彦(明治大学文学部教授)
【特別ゲスト】 姜尚中(東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授)
100分 de 名著
フランクルは、生きる意味は自ら発見するものであり、苦しみは真実への案内役だと説いた。最終回では、フランクルの言葉に支えられながら生きてきたという、東京大学教授の姜尚中さんをスペシャルゲストとして招く。姜さんは「与えられた運命を引き受け、それをバネにすることで成長が生まれる」と語る。第4回では、シリーズの集大成として、先行きの見えない不安が広がっている今、わたしたちは生きる希望をどのようにして見いだすべきか、フランクルの思想から共に語りあう。
posted by くみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」 第3回

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」
B運命と向き合って生きる

2012/8/15(水)23:00〜23:24 Eテレ
 再放送 翌週水曜5:30〜5:54、12:25〜12:49
100分 de 名著
収容所では、極限状態でも人間性を失わなかった者がいた。囚人たちは、時には演芸会を催して音楽を楽しみ、美しい夕焼けに心を奪われた。フランクルは、そうした姿を見て、人間には「創造する喜び」と「美や真理、愛などを体験する喜び」があると考えるようになる。しかし過酷な運命に打ちのめされていては、こうした喜びを感じとることはできない。運命に毅然とした態度をとり、どんな状況でも一瞬一瞬を大切にすること。それが生きがいを見いだす力になるとフランクルは考える。幸福を感じ取る力を持てるかどうかは、運命への向き合い方で決まるのだ。
posted by くみ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

映画(2012年8月)

2012/8/6(月・深夜)[7日火曜午前 0:15〜2:01] NHK BSプレミアム
プレミアムシネマ『さよなら子供たち』
NHK BSオンラインより
ナチス占領下のフランスを舞台に、12歳の少年ジュリアンとユダヤ人の転校生ジャンとの友情と別れを淡々と描いたルイ・マル監督による自伝的色彩の濃い作品。好奇心旺盛なジュリアンはジャンが収容所送りから逃れるため名前を変え学校でかくまわれていることを知ってしまう。社会情勢などお構いなしで2人は友情を育んでいくが、学校の料理番の密告により、2人の少年がともに過ごす時間に終わりが告げられる・・・。

製作・監督・脚本:ルイ・マル
出演:ガスパール・マネッス、ラファエル・フェジト、フランシーヌ・ラセット他/フランス1987
posted by くみ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」 第2回

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」
Aどんな人生にも意味がある

2012/8/8(水)23:00〜23:24 Eテレ
 再放送 翌週水曜5:30〜5:54、12:25〜12:49
100分 de 名著
私たちは、自由で自己実現が約束されている環境こそが幸せだと思っている。しかし災害や病気などに見舞われた時、その希望は潰える。収容所はその最悪のケースだ。しかしそれでも、幸せはまだ近くにあるのではないかとフランクルは考えた。人間は欲望だけではなく、家族愛や仕事への献身など、様々な使命感を持って生きている。どんな状況でも、今を大事にして自分の本分を尽くし、人の役にたつこと。そこに生きがいを見いだすことが大事なのではないかとフランクルは考えた。そして医師としてチフス患者の病棟で働きながら、仲間たちに希望の持ち方を語った。
posted by くみ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」

100分de名著 「フランクル“夜と霧”(4回シリーズ)」
@絶望の中で見つけた希望

2012/8/1(水)23:00〜23:24 Eテレ
 再放送 翌週水曜5:30〜5:54、12:25〜12:49
NHKステラ8/3号より:
 絶望的な環境の中で人間とは何かを追求した名著『夜と霧』を取り上げる。著者は、強制収容所から生還したユダヤ人の精神科医、ヴィクトール・E・フランクル。この本を読み解き、強制収容所が人々の心に与えた影響を分析し、生きる意味を問い直す。講師は明治大学文学部の諸富祥彦教授。
 第1回では、自分の未来を信じることが生き残ることにつながると説く。フランクルは「生きる目的をもつことが生き残る唯一の道である」と考え、収容所生活を通して生きる意味を学ぼうとした。

夏休みの高校生向けなのでしょうか。番組HPはまだ更新されていませんでしたが、ステラに出ていたので情報UP。

2012年7月30日追記:
フランクル『夜と霧』のページができてました。
第1回 絶望の中で見つけた希望
収容所では様々な「選抜」が行われた。ガス室に送られるか、あるいはどの収容所に移されるかは、ちょっとした偶然で決まった。先が見えない中、収容所ではクリスマスに解放されるとのうわさが広まった。しかしそれが裏切られると、急に力つきてしまう人が多かった。自暴自棄になり、食料と交換できる貴重な煙草に吸いつくしてしまう者もいた。過酷な環境の中で、フランクルは考える。心の支え、つまり生きる目的を持つことが、生き残る唯一の道であると―。フランクルは、収容所での出来事を通して、「生きる意味」を学び取ろうと決め、人間の心理について冷静な分析を行う。そしてついに解放され、奇跡的な生還を果たす。

posted by くみ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

追跡者 ザ・プロファイラー 「ヒトラー 独裁者という名の怪物」

追跡者 ザ・プロファイラー 「ヒトラー 独裁者という名の怪物」
2012/7/7(土)21:00〜21:58 BSプレミアム
NHK BSオンラインより
子供でも名前は知っている…そんな古今の有名人の意外な素顔に俳優・岡田准一が迫る!歴史大好きな岡田さんならではの目線があなたを驚きの世界に誘います。第1夜のアドルフ・ヒトラーは、第2次世界大戦やユダヤ人大虐殺を引き起こした“怪物”。青年時代の知られざるラブレターや暴走の起爆剤となった演説を材料にその狂気をプロファイル。
【出演】岡田准一,田野大輔,名越康文 【語り】山野井仁
posted by くみ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

舞台「白バラの祈り」各地公演

劇団民藝の2012年上演作品リストに「各地公演」として白バラの祈りが載っていました。

2012年上演作品 劇団民藝: http://www.gekidanmingei.co.jp/joensaku.html

まだ公演日程は出ていませんが、ざっと検索したところ、いくつか情報が見つかりましたのでお知らせします。

2012/9/4(火) 豊川市 豊橋演劇鑑賞会 上演作品の紹介
2012/9/5(水) 豊川市
2012/9/6(木) 豊川市

2012/9/12(水) 名古屋市 名古屋演劇鑑賞会 これからの上演作品
2012/9/13(木) 名古屋市

2012/9/18(火) 伊勢市 伊勢市観光文化会館 公演カレンダー

2012/10/1(月) 魚津市 新川文化ホール イベントガイド

2012/10/5(金) 大垣市 劇団民藝ぎふ大垣地区後援会 2012年度の案内

「例会」となっているものがほとんどなので、もしかしたらチケットは各鑑賞会、後援会の会員限定発売なのかも知れません。詳しいことがわかりましたらまた情報UPします。
posted by くみ at 15:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 舞台「白バラの祈り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

『9日目』DVD化情報

フォルカー・シュレンドルフ監督作品『9日目』がDVD化されましたので、情報を追記しました。

Der neunte Tag カテゴリ:映画(公開未定)

↓2005年6月のドイツ映画祭から7年。もうDVD化はないだろうと諦めていたので、とても嬉しいです(アウグスト・ディールのファンとしてもとても嬉しい!)。

ドイツ映画祭2005 へ行ってきました カテゴリ:企画展、映画祭
posted by くみ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

「映画の國名作選V フランス映画未公開傑作選」 『ある秘密』

日本公開:2012年4月21日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて5週間限定ロードショー
上映作品:『刑事ベラミー』『ある秘密』『三重スパイ』
公式サイト: http://www.eiganokuni.com/meisaku5-france/
配給会社: 紀伊國屋書店、マーメイドフィルム

『ある秘密』
監督: クロード・ミレール
原作: フィリップ・グランベール『ある秘密』野崎歓訳/新潮クレスト・ブックス
出演: セシル・ドゥ・フランス、リュディヴィーヌ・サニエ、マチュー・アマルリック、他
製作国:フランス/2007年
上映時間:110分
新潮社『ある秘密』より:
禁断の恋。懊悩。ホロコースト。孤独な少年の夢想が残酷な過去を掘り起こす。

父と母は何か隠している……。ひとりっ子で病弱なぼくは、想像上の兄を作って遊んでいたが、ある日、屋根裏部屋で、かつて本当の兄が存在していた形跡を見つける。両親の秘密とは何か。ナチスによる弾圧と虐殺のはざまで、二人に何が起ったのか。一九五〇年代のパリを舞台にした自伝的長編。高校生が選ぶゴンクール賞受賞作。
posted by くみ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(日本公開) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。